国立薬学生の薬ゼミ全国統一模試Ⅱの結果(第238回)

薬学生

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

12月の中旬に、第238回薬ゼミ模試を受けてきました。

巷では、統一模試Ⅱとか、11月模試とかと呼ばれているようです。

 

端的に言うと惨敗したのですが、その過程と結果をお伝えします。

前回の第237回薬ゼミ模試の結果はこちらへ。

国立薬学生の薬ゼミ9月全国統一模試Ⅰの結果(第237回)
9月薬ゼミ全国統一模試Ⅰの結果を公開しています。国公立薬学生がどれくらい国家試験に弱いか、よく理解してもらえると思います。阪大生としての今後の勉強方針なども書いています。

 

スポンサーリンク

第238回模試の結果

全体の得点率

全範囲の合計点は、175点(50.7%)でした。

合格するには225点(65%)が最低ライン必要なので、あと50点です。

 

私立の薬学生たちから見たら、「点数ひっく!弱すぎ!」と思われるかもしれません。

実際に低いし…。

 

でも多分、国公立勢の大半が同じような感じだと思います。

学内では9位だったので…。

 

ちなみに前回が167点なので、一ミリも成長していません。

この件に関しては、流石に反省しました。

ここから本気を出して、1月末頃の模試で225点以上を目指します。

 

必須問題で足切り

必須問題は57点でした。

こちら、前回と同様に足切り点(63点)以下です。

 

物理・化学・生物は結構いい感じに点が取れるんですけどね。

これから本格的に勉強を始めて、他の単元でも同じように点が取れることを目指します。

 

薬理・薬剤・薬物治療

前回同様、薬理・薬物治療の点数が低いです。

下手したら必須の足切り(3割)にかかりそうなレベル。

 

この辺りは、まず最低限の暗記を済ませていないと全然点が取れません。

暗記を済ませていない私が爆死するのも自明です。

この冬の勉強のメインは、この範囲を克服することになりそうです。

 

ちなみに薬剤については、計算問題の復習をすれば多少マシになると踏んでいます。

もちろんそれ以外のことも復習しますけどね。

 

物理・化学・生物は得意

やはりこの科目は、かなり得意だなぁと感じました。

勉強していなくてこれなら、本番までにもっといけそう。

 

しかし、薬学理論問題の生物は、10問中1問正解と完全に爆死

生物を理解すれば、薬理や薬物治療にもつながるので、もっと真剣にやることにします。

スポンサーリンク

反省点

薬ゼミ講義を受けた後に復習が要る

今回の模試は、薬ゼミによる9日間の講義の翌日に受けました。

 

卒業研究が11月末まであったので、講義以外は一切の無勉状態。

講義の翌日に模試なので、復習する時間はなし。

 

つまり、現状自習ゼロでの模試です。

 

当たり前ですが、講義を受けただけでは定着していません

 

ちなみに薬ゼミの講義内容は非常に充実していて、9日間の講義を受けたかいがありました。

70分×5コマの講義の中で、1日で1科目ずつ扱っていく感じです。

 

ただ、通常の7~9倍速くらいで進めているらしいので、さすがに復習しないとパンクします。

今後、これをどこまで復習できるかが鍵ですね。

 

自習時間がゼロ

9月に模試を受けてから、勉強しないといけないという気持ちは常にありました。

なんなら勉強方法なども練っていました。

「これだけはやる」国公立薬学生の時短勉強法【第104回薬剤師国家試験対策】
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 この記事では、私の薬剤師国家試験の対策勉強方法について紹介いたします。 「国家試験対策って何からすればいいの?」 「どの分野から勉強すれば効...

 

しかし、TAや卒業研究、塾のバイトなどに追われて結局手つかずじまいでした。

 

勉強スタートが結局12月中旬になってしまったので、今後はやる内容も厳選して効率よく進める必要がありそうです。

戦略を練り直すことにしました。

 

まとめ

「国公立勢は皆そんな感じです」

 

そんな薬ゼミ講師の方々の言葉を信じて、これから2か月間死ぬ気で勉強します。

私立勢は卒業試験に苦労しているそうなので、我々の方が楽している事実を忘れずに頑張ることにします。