【初心者向け】国内の仮想通貨取引所のオススメ3つの比較【coincheck、bitFlyer、bitbank】

仮想通貨
奨学金のkindle本を出版しました
『奨学金1512万でも破産せず幸せに生きています。』という本を書きました。 Amazonのkindleで購入することができます。スマホやタブレットでも読めるのでぜひ一度ご覧ください。

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

ビットコインを購入するためには、国内の仮想通貨取引所の口座が必要です。

最近ではどんどん新しい取引所が開設されていて、どこがいいのかわかりにくいですよね。

この記事では、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所を3つに絞って、比較しながら解説します。

 

オススメは、コインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)、ビットバンク(bitbank)

 

この記事では、たくさんありすぎて悩まないように、3つの取引所に絞っています。

機能やオススメの人がすっぱり分かれているので、自分にどれが合っているか考えてみてください。

 

主に初心者向けで、つみたてに強いのが、coincheck
多機能で、Tポイント運用にも使えるのが、bitFlyer
セキュリティが高く、アルトコインに強いのが、bitbank

これらの3つです。

 

機能が多いと言っても、bitFlyerは初心者でも全然使いやすいので、安心して紹介できます。

 

coincheckがオススメな人

 

仮想通貨の初心者で、パソコンの操作などが苦手な人にオススメなのが、coincheckです。

 

とにかくアプリが見やすく、操作も簡単です。

また公式サイトの説明が、画像や動画付きで非常にわかりやすいのがポイントです。

 

coincheckがオススメなのは、以下に当てはまる人です。

【coincheckがオススメな人】

・PCが苦手
・見やすいアプリがいい
・公式の説明がわかりやすい方がいい
・自動で銀行からビットコインを積み立てたい

 

bitFlyerがオススメな人

 

bitFlyerの特徴は、ビットコインを貯めるための機能がたくさんあることです。

 

Tポイントからビットコインに交換できたり、無料でビットコインをもらえるポイ活ができたりします。

 

また、アプリではビットコインでの決済にも対応しています。

ビットコインを使って買いものすることはまだまだ少ないですが、今後増えてくると予想されますよね。

 

bitFlyerがオススメなのは、以下に当てはまる人です。

【bitFlyerがオススメな人】

・Tポイントを有効活用したい
・ポイ活して、無料でビットコインをもらいたい
・今後、ビットコイン決済に興味がある
・レバレッジをかけて、FX取引をしたい

 

bitbankがオススメな人

 

ビットコインだけではなく、XRP(リップル)などのアルトコインも取引したい人にオススメなのが、bitbankです。

 

他の取引所とは違い、アルトコインを取引所形式で買うことができます。

(他のところだと、交換所形式でしか買うことができず、少し損することがあります)

 

bitbankがオススメなのは、以下に当てはまる人です。

【bitbankがオススメな人】

・XRP(リップル)を買いたい
・アルトコインのレンディングに興味がある
・セキュリティが高い取引所がいい
・他の取引所をすでに使っている

 

coincheckの特徴

取引手数料無料、銘柄数も多数

 

coincheckコインチェック)では、販売所(交換所)形式で多くの銘柄を取り扱っています。

 

販売所の取引手数料は無料で、スマホアプリでかんたんにビットコインを購入できます。

もちろん、ビットコイン以外にもアルトコインを買いたいときにも役に立ちます

 

アプリもシンプルで見やすいので、初心者でも扱いに困ることはありません。

特にチャートの画面の見やすさと使いやすさは、他の取引所のアプリよりもお気に入りです。

 

アプリを開いた瞬間、見やすいチャートが見れる

 

私自身、日々のチャートの確認はcoincheckのアプリを使っています

(私のメインのZaifや、Tポイント運用のbitFlyerでは、チャートを確認しにくかった)

 

Zaifは一度タップしないとチャートが出ない(それも見にくい)

 

bitFlyerもタップが必要

入金方法は3種類用意されている

 

ビットコインを買うためには、coincheck口座に日本円を入金する必要があります。

 

方法は以下の3つです。

・銀行振込
・コンビニ振込
・Pay-easy(ペイジー)

 

これは他の仮想通貨取引所と大きく変わることはありません。

bitFlyerでも、Zaifでも同じです。

 

残念ながら、クレジットカードでのビットコイン購入には対応していません。

クレジットカードでビットコインを買うには、Binanceという海外の仮想通貨取引所を使うのが一般的です。

 

銀行から自動引落で、ビットコインを積み立てられる

 

coincheckのイチオシポイントは、ビットコインの積立購入がかんたんにできることです。

 

他の取引所でも積立購入できますが、銀行から直接引き落としができなかったりします。

coincheckであれば、銀行口座から定期的に自動的に引き落として、ビットコインを購入してくれます。

 

銀行口座にお金がきちんと入っていれば、ビットコインのことを忘れて放置していても勝手に買い足してくれます。

これは資産形成で非常に重要なポイントですね。

 

毎月同じ金額だけ買うというのは、「ドルコスト平均法」という損しにくい投資方法です。

coincheckの積立では、ドルコスト平均法をかんたんに実践することができます。

 

なお、公式サイトでも、動画などを使ってわかりやすくやり方を説明してくれています。

 

誰でもかんたんに積立できるのが、coincheckのメリットです。

 

アプリでは販売所しか使えないのがデメリット

 

coincheckのアプリでは、ビットコインを販売所(交換所)形式でしか買えません。

これがデメリットとして挙げられます。

 

ビットコインの買い方には

・販売所(交換所)形式:手軽でかんたんだが、少し高値で買うことになりやすい
・取引所形式:取引相手が必要だが、指値ができ、割安で買えることも多い

の2つがあります。

 

少しでも損したくない人は取引所形式でビットコインを買う必要があります。

しかし、 coincheckの取引所は、Webブラウザからしか使えません

 

ブラウザ版でも、フッターメニューにしか表示されていない

 

なお、coincheckの取引所は、BTC/JPYしかありません。

つまり、日本円とビットコインのやりとりだけです。

他の通貨の取引所は、bitbankを使う必要があります。

 

ETHなどの他のアルトコインは、販売所のみなので注意してください。

コインチェック  

\ サクっと口座開設する /

 

bitFlyerの特徴

ビットコインをもらう方法がたくさん

 

bitFlyerには、ビットコインを扱う上で魅力的な機能がたくさんあります。

(その分ややこしく感じる人がいるかもしれません)

 

まず目を引くのが、Tポイントの活用ですね。

Tポイントをビットコインに交換することができるのは、他にない特徴です。

 

Tポイントは貯めているけど、有効活用できていない人にはオススメです。

 

また、bitFlyerを通してオンラインショッピングをしたら、ビットコインをもらえます。

bitFlyerを通すだけで数千円分ビットコインがもらえる

 

注目ポイントは、そのショッピングの中に、「ふるさと納税」のサイトがあることです。

 

つまり、ふるさと納税をするだけで、ビットコインがもらえます

 

これはかなりお得ですね。

(そもそもふるさと納税って何?という人は、こちらの記事を参考にどうぞ)

 

bitFlyerを使いこなせば、買う以外にも様々な方法でビットコインが増えていきます。

クレジットカードやポイントカードのポイントをうまく有効活用できていない人には、オススメです。

 

アプリでも取引所形式でビットコインを買える

 

先に紹介したcoincheckは、アプリでは販売所形式でしかビットコインを買えません。

しかし、bitFlyerのアプリでは販売所も取引所も使うことができます

 

これは一見地味ですが、大きなメリットですね。

 

外出先で大きな値動きがあったときでも、取引所で指値(指定した値段)の注文をサクっと入れることができます。

販売所では指値注文できないので、coincheckアプリにはない嬉しい機能です。

 

bitFlyerウォレットアプリで、ビットコイン決済できる

 

bitFlyerはビットコインを買うことはもちろん、使うための機能もついています。

アプリを使えば、ビットコインで決済したり、友達に送金したりすることができます

感覚的にはLINE payやpaypayに近いですね。

 

今はまだ生活でビットコインで決済することはほとんどありません。

しかし、テスラの車がビットコインで買えるようになったり、今後様々な場面でビットコインが使えるようになってくることが予想できます。

 

bitFlyerを使っておけば、そうした場面にもすぐに対応できるようになりますね。

 

レバレッジをかけた取引も可能

 

bitFlyerは、レバレッジをかけた取引をすることが可能です。

 

自分の持っている資産よりも大きい金額の仮想通貨を取引して、利益を大きくする手法です。

その分リスクは大きくなりますが、仮想通貨トレードで儲けていくためには一つの選択肢になります。

 

こういった中級者向けの取引も、bitFlyerであればカバーしてくれます。

 

なお、このレバレッジをかけた取引はbitFlyer Lightningというサービスを使います。

このサービスを使いこなせば、ビットコイン以外の通貨も板取引ができます。

(しかし少し難しく感じるかもしれません)

 

日本円の入金方法は3つ

 

bitFlyer口座に日本円を入金する方法は3つあります。

・銀行振込
・コンビニ振込
・Pay-easy(ペイジー)

 

coincheckも、bitFlyerも、Zaifでもこの点は同じです。

クレジットカードでビットコインを購入するには、Binanceの口座が必要です。

 

銀行から引き落としの積立ができない

 

bitFlyerにも積立購入の機能があります。

 

しかし、bitFlyerの口座から日本円が引き落とされる仕組みになっています。

普段の銀行口座からbitFlyerにお金を移しておかないと、ビットコインの積立購入はできません。

 

これはbitFlyerのデメリットと言えるでしょう。

(coincheckは銀行から直接引き落として積立購入できます)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)- 暗号資産(仮想通貨)の購入/販売所/取引所
ビットフライヤーは、国内最大級の仮想通貨取引所です。信頼と安心のセキュリティで、ビットコインやリップル(XRP)、モナコイン、イーサリアムなど人気な仮想通貨をわずか100円から購入可能。

bitbankの特徴

アルトコインで国内最強

 

bitbankは、アルトコインの取引量が多いことで有名です。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

 

特にXRP(リップル)に関しては国内で最大の取引量を扱っています。

そのため、ビットコイン以外にも様々な通貨を扱っていきたいと思っている人には、bitbankは欠かせない取引所です。

 

すべて板取引(取引所形式)で買える

 

bitbankの最大の特徴は、アルトコインでも板取引ができることです。

 

coincheckやbitFlyerでもアルトコインを買えますが、それは交換所形式です。

スプレッドという、実質の手数料を払った買い物しかできません。

coincheckやbitFlyerの取引所は、日本円/ビットコインのみ対応しています。

 

しかし、bitbankはアルトコインでも取引所形式で購入できます

 

bitbankは扱っている通貨の種類でいうと、実はcoincheckよりも少ないです。

ですが、取引所形式で買える通貨の数となると、bitbankが最多になります。

(というか、他の取引所は基本的にビットコインしか買えません)

 

売買のたびにスプレッドを気にする必要がないのは、bitbankの大きな強みです。

「メインの取引所は他だけど、アルトコインはbitbankを使う」という人もいるくらいです。

 

アルトコインのレンディングができる

 

仮想通貨はずっと持っているだけで値動きを待つのは、少し非効率ですよね。

持っている間も、なんとかして運用したいところです。

 

最近はビットコインを取引所に貸し出して、利息をもらえる「レンディング」というサービスが増えてきました。

しかし、ビットコインのレンディングは人気が高く、また貸し出し最低金額も高すぎて、正直使いにくいです。

 

bitbankは、取り扱っているすべてのアルトコインで、レンディングができます。

やはり、アルトコインに関しては、bitbankが圧倒的に秀でています。

具体的な利率や通貨は、こちらのページを参考にしてください。

 

セキュリティ意識がめちゃくちゃ高い

 

bitbankの隠れた特徴の一つに、セキュリティ意識の高さがあります。

 

オフラインコールドウォレット(インターネットに接続されていない、仮想通貨の財布)を使用しているため、ハッキングを受けて資産が盗まれるリスクが下がります

(他の取引所でかつて、ハッキング被害を受けて、大変なことになったことがありました)

 

また、これもあまり知られていませんが、bitbankはバグバウンティプログラムを採用しています

 

これは、ハッカーやプログラマーがバグをbitbankに報告すると、賞金がもらえる制度です。

深刻なバグを見つけたら、500万円もの賞金を得ることができます。

 

つまり、社外の人にもバグを見つけてもらうことで、セキュリティを高めていく仕組みが出来上がっています。

セキュリティについては一定以上の評価を集めていて、使っていて安心できる取引所です。

 

つみたて機能がない

 

bitbankのデメリットは、ビットコインのつみたて購入の仕組みがないことです。

 

定期的に自分で注文を入れることはできますが、自動でつみたてというわけにはいきません。

チャートを見るとついつい、投機的(ギャンブルっぽい)取引をしてしまいますよね。

 

bitbankは、知らない間に資産が貯まる、という使い方はできません。

しっかりアクティブに取引をする人にとっては、あまり関係ないデメリットかもしれません。

 

やはり、bitbankはサブの取引所として、アルトコインのために使うのが一番良さそうです。

 

ビットバンク(bitbank) | ビットコインが購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所
ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産(仮想通貨)を売買できる暗号資産(仮想通貨)取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産(仮想通貨)トレードを始めてみませんか。

 

まとめ

 

最後にもう一度、それぞれのオススメな人を確認しておきましょう。

 

【coincheckがオススメな人】

・PCが苦手
・見やすいアプリがいい
・公式の説明がわかりやすい方がいい
・自動で銀行からビットコインを積み立てたい

【bitFlyerがオススメな人】

・Tポイントを有効活用したい
・ポイ活して、無料でビットコインをもらいたい
・今後ビットコイン決済に興味がある
・レバレッジをかけて、FX取引をしたい

【bitbankがオススメな人】

・XRP(リップル)を買いたい
・アルトコインのレンディングに興味がある
・セキュリティが高い取引所がいい
・他の取引所をすでに使っている

 

coincheckは、初心者でもかんたんにビットコインを始めることができます。

銀行から直接引き落としで、積立購入もできます。

 

bitFlyerは、ポイントなどを活用して、ビットコインを増やすことができます。

レバレッジをかけたり、ビットコイン決済をしたり、いろいろなことができます。

 

bitbankはアルトコインを他よりもお得に取り扱うことができます。

また、セキュリティ意識も非常に高く、安心できる取引所です。

セカンド取引所、サブ取引所として最適です。

 

自分にあった仮想通貨取引所で、口座を作ってみてください。

使っているうちに慣れてくると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました