【画像で解説】VenusでBUSDとVAIを借りるやり方

仮想通貨
奨学金のkindle本を出版しました
『奨学金1512万でも破産せず幸せに生きています。』という本を書きました。 Amazonのkindleで購入することができます。スマホやタブレットでも読めるのでぜひ一度ご覧ください。

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

今回は、Binance Smart ChainのDeFiで資産運用していく上で必要不可欠なVenusの使いかたについて解説します。

 

使用頻度の高いBUSDとVAIの借りるやり方を例に、写真付きで紹介していきます。

 

この記事は、Metamaskの設定が終わっていて、中にBTCBを送金できている人を対象に書いています。

まだMetamaskの設定などが終わっていない人は、こちらの記事を参考にしてください。

Venusに担保としてBTCBを預ける

通貨を借りるには担保が必要

 

Venusは仮想通貨の銀行のような役割を果たしています。

 

仮想通貨を預けて金利を得たり、逆に仮想通貨を借りたりすることができるんですね。

仮想通貨を借りるためには、ある程度の預金(担保)が必要です

 

BTCBを預ける

 

まずはVenusにBTCBを預けてみましょう。

Supply Marketのタブの中から、BTCBを探してください。

 

 

画像では一番上の方に表示されていますが、初めてだと下のリストの中のどこかにいます。

見つけたら、それを選択すると預け入れの画面になります。

 

 

預け入れの金利や、XVSトークンの配布などの情報が書かれています。

 

とりあえず、Metamaskの中のBTCBはすべて預け入れてしまいましょう。

MAXを押すと残高の100%が表示されるので、預け入れ(Supply)しましょう。

 

これで利息として、年利0.72%でBTCBが増えていきます。(2021.3.11現在)

また、XVSというトークンがどんどん増えていきます。

 

XVSについては、こちらの記事を参考にどうぞ。

 

BTCBを担保に設定する

 

預け入れをしただけでは、BTCBは担保に使えません。

担保に設定するためには、Supply Marketの右側に表示されているCollateralのスイッチを入れる必要があります。

 

BTCBを預け入れていると一番上に表示されるようになるので、BTCBの横にあるスイッチを赤色に変えましょう。

 

 

BUSDを借りる

Borrow Marketのタブに移動する

 

さて、やっと本題のBUSDの借り入れです。

 

BTCBを預けると、Supply Balanceとしてその金額が表示されます。

借り入れは、このうちの60%80%まで可能です。(Borrow Limitとして画面左側に表示されています)

 


Borrow Limitを写すのを忘れました、すいません

 

借り入れるためにはまず、Borrow Marketのタブに移動します。

そうすると、借り入れたときの利息が表示されます。

 

その中からBUSDを探してクリックしましょう。

 

Safe Maxの半分くらい借りてみる

 

BUSDを選ぶと、借入のための画面が表示されます。

Borrowが借入、Repay Borrowが返済です

 

いくらまで借りるか悩むと思いますが、まずはSAFE MAXを押したときに出てくる金額の半分を借りてみましょう

 

ちなみにSAFE MAXとは、Borrow Limitのうちの40%です。

その半分なので、借入可能額の20%くらいのBUSDを借りるということですね。

 

金額を入れたら、Borrowを承認して終わりです。

これだけでお金の貸し借りができるの、結構すごいですよね。

 

借り入れが完了すると、Borrow MarketのBalanceとして残高が表示されます

 

VAIを借りる

Mint/Repay VAIのタブに移動する

 

さて、次はVAIを借りてみましょう。

 

VAIはVenusが発行しているコインで、通常のBorrowとは違う操作で借り入れます。

まずはMint/Repay VAIのタブに移動しましょう。

 

 

左半分が借入(Mint)、右半分が返済(Repay)のための画面です。

 

Safe Maxを押して借入

 

今回はVAIを借り入れたいので、左半分を使います。

 

SAFE MAXを押してみましょう。

 

先ほどBUSDを借りているので、借入残高は20%くらい使っているはずです。

なので、SAFE MAX(40%)を押すと、残りの20%くらいの残高に自動的に設定されます

 

その状態で、Mint VAIを押すと、借り入れ完了です。

借り入れている金額は、右側のRepay VAI Balanceとして表示されます。

 

BUSDとVAIの借り入れ完了

 

お疲れさまでした。

 

これで、VenusにBTCBを担保として預けて、BUSDとVAIを借りる操作が完了です。

慣れるまでは大変ですが、結構頻繁に使う操作です。

 

ちなみに返済は、Repayを選択して同じように操作することが可能です。

不安であればぜひ試してみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました