【画像で解説】PancakeSwapの使い方、流動性提供(LP)の始め方【LPトークン】

仮想通貨
奨学金のkindle本を出版しました
『奨学金1512万でも破産せず幸せに生きています。』という本を書きました。 Amazonのkindleで購入することができます。スマホやタブレットでも読めるのでぜひ一度ご覧ください。

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

仮想通貨をBinance Smart Chainで運用するとき、一番使うのが、PancakeSwapです。

今回はそんなPancakeSwapでの、流動性提供のやり方を解説します。

 

Binance Smart Chainでの仮想通貨DeFi運用の全体像については、別の記事で詳しく解説しています。

BSCって何?Metamaskって何?という人はまずこちらからごらんください。

参考リンク①:【まとめ】仮想通貨BSC DeFi資産運用のやり方・はじめ方①【超初心者向け】
参考リンク②:【図解】仮想通貨の資産運用(DeFi)のフローチャート①【初心者向けBSC DeFi】

 

 

流動性提供すると、LPトークンをもらえます。

新しい仮想通貨交換所が立ち上げられたときも、PancakeSwapのLPトークンを利用することが多いです。

 

LPトークンはDeFiをやっていく上で必要不可欠なものなので、しっかりと理解しておきましょう。

 

PancakeSwapに通貨ペアを預けてLPトークンをもらう

通貨を預けて手数料収入

 

PancakeSwapは、仮想通貨の交換所(DEX)です。

あるコインを、他のコインとそのときのレートで交換することができます。

 


BUSDをBNBに交換

 

このとき、実は少しだけ手数料がかかっています。

 

この手数料は、交換のためのコインを提供(預け入れ)してくれている人に還元されています。

もちろん私たちも、この交換のためのコインを提供することができるんです。

 

つまり、PancakeSwapにコインを預けておくと、手数料収入が入ります

これをイールドファーミングといいます。

放置していても稼げる不労所得ですね。

 

LPトークンとは

 

預けたコインを引き出すための証明書代わりになるものが、LPトークンです。

LPは、Liquidity Providing(流動性提供)の略です。

 

PancakeSwapにコインを預けるときは、必ず2種類のコイン(通貨ペア)でセットにして預けます。

もらえるLPトークンは、その通貨ペアと対応しています。

 

例えば、BTCBとBNBのペアで預けると、BTCB-BNB LPトークンがもらえます

 

LPトークンは、もともとはただの引換券(債券)です。

しかし、PancakeSwapなどにLPトークンを預けることで、ボーナスとして別のトークンがもらえることがあります。

 

LPトークンの使い方(流動性マイニング)

 

通貨ペアによっては、LPトークンを使って更に儲けることができます。

 

PancakeSwapの場合、Farmsに移動してLPトークンをstakeすると、CAKEという別のトークンをもらえます。

PancakeSwapの利用ポイントのようなものです。

これらのトークンのことを、ガバナンストークンといいます。

 

通貨ペアによっては、PancakeSwap以外の場所にLPトークンをstakeすることができます。

その場合は、そのサービス独自のトークンがもらえます。

 

例えば、Alpaca FinanceというサービスにLPトークンを預けると、ALPACAというトークンがもらえます。

 

これらのトークンもその時々で価格が付いているので、交換すればお金になります。

LPの手数料収入(イールドファーミング)とは別に儲けることができますね。

 

こういう儲け方を流動性マイニングと言ったりします。

イールドファーミングと流動性マイニングで、一石二鳥で稼げるわけですね。

 

PancakeSwapでの流動性マイニングはこちらの記事で解説しています。

実際に預けてみる

Tradeの中のLiquidityで預け入れ

 

実際にPancakeSwapに流動性提供してみましょう。

 

まずはTradeの中のLiquidityに移動して、Add Liquidityを選択します。

 

 

すると、通貨ペアを設定する画面になります。

大体の通貨は最初から検索で表示できるようになっています。

 

預けたい通貨が表示されない場合でも、bscscan.comで調べられるContract Addressを入れると表示されます。


addしておくと次から表示されるようになる

 

今回はBUSDとVAIを例にやってみます。

両方ともPancakeSwapで最初から表示される通貨です。

 

通貨を選ぶと、BalanceとしてMetamask内の残高が表示されます。

 

 

預け入れるときは、そのときの時価で2つの通貨が同じ価格になるようにしか預けられません

なので、片方の預け入れる量を入力すると、もう一方は自動で計算されます。

 

上の写真の場合、残高はBUSDが87.9294、VAIが50だけあります。

現在のレートで預けると、46.9416BUSD:VAI50が限度です。

 

なお、初めて預ける通貨の場合は、まず預入れの承認が必要です。


CAKEを預けたことがないので、Approveする必要がある

 

Approveして、Supplyして承認すると、無事に預け入れが完了します。

 

これで、VAI-BUSDのLPトークンをゲットしました。

 

LPトークンで通貨を引き出す

 

LPトークンを返却すると、VAIとBUSDをプールから引き出すことができます。

 

LPトークンの返却も、TradeのLiquidityから簡単にできるので確認しておきましょう。

 

Liquidityの画面に、所有しているLPトークンが表示される

 

Removeに進んで量を入力したら終わり

 

ただし、預けた量がそのまま返ってくるわけではありません

 

PancakeSwapが利用されてプール内の通貨の量が変動するので、それに応じたバランスで払い出されます。

また、手数料収入もプラスされます。

 

IL(Imparmanent Loss)といって、預けた時と引き出した時で通貨の方が変動していた場合、損することもあります。

 

LPトークンを使いこなそう

 

さきほど言ったように、LPトークンを使いこなすと、様々なトークンを稼ぐことができます。

 

DeFiブームは、流動性マイニングがキッカケになっています。

また、イールドファーミング(手数料収入)も十分美味しいです。

 

PancakeSwapとLPトークンを使いこなせたら、あなたも立派なDeFiワールドの一員です。

これからもよいDeFiライフを。

 

タイトルとURLをコピーしました