ValueDeFiとは?使い方をかんたんに【Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)】

仮想通貨

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

ValueDeFiという取引所がBSC上に新しく公開されました。

ValueDeFi
The Value DeFi protocol is a platform and suite of products that aim to bring fairness, true value, and innovation to Decentralized Finance.

さっそく使い始めてみたので、イールドファーミングのやり方をかんたんに解説してみようと思います。

 

 

ValueDeFiとは

AMM DEX

まず使い方の前に、ValueDeFiについてほんの少しだけ紹介を。

 

ValueDeFiは、Binance Smart Chain(BSC)上の仮想通貨取引所(DEX)の一つです。

ユーザーと、資金プールの間でお金のやり取りをするAMM DEXというタイプの取引所ですね。

 

PancakeSwapも、AMM DEXの一つです。

 

BSCを利用するにはBinanceの口座が必要になるので、まだ開設していない人はサクっと登録してしまいましょう。

このリンクから登録すると、手数料が10%OFFで使えるようになります。

\ サクっと口座開設する /

 

PancakeSwapと大体同じ

 

PancakeSwapと同様にAMM DEXなので、ValueDeFiの使い方も大体同じです。

操作のやり方だけ覚えたらすぐに使いこなせます。

 

トークンをプールして更に複利で増やすということができないので、もらえるガバナンストークンをどうするかが肝になりそうですね。

宝くじ機能もありません。

 

色々機能が少ない分、逆にわかりやすいかもしれません。

 

ValueDeFiのイールドファーミングのやり方

 

他のAMM DEXでもそうですが、イールドファーミングで稼ぐやり方には流れがあります。

 

①通貨ペアを預けて流動性を提供する
②もらえるLPトークンをstakeする
③ガバナンストークンをもらう

 

この3つがワンセットです。

 

①まずは流動性提供(LP)

 

ValueDeFiのホーム画面から、vSwapの画面へ移動します。

 

vSwapとPoolが選べるので、Poolを選びます。

 

 

通貨ペアを選択し、Depositを選ぶと、同意画面が表示された後に、通貨をいくらプールするか入力できます。

 

 

Balanceと書かれているのは、ウォレットに入っている通貨の量ですね。

 

あとはプールする通貨の量を決めて、承認したら終わりです。

LPトークンがもらえます。

 

PancakeSwapとかで一度やってたら、ほとんど同じですね。

 

②vFarmでファーミング開始

 

さて、もらったLPトークンをstakeするには、vFarmの画面に移動する必要があります。

 

vFarmに移動して、LPトークンをもらった通貨ペアを選択します。

次のスクショのように、一度LPトークンをstakeすると、その通貨ペアは一番上に表示されるようになります。

 

 

あとは、Stake LPを選択して、MAXまでLPトークンを預けたら終わりです。

とても簡単ですね。

 

気付いた人もいるかもしれませんが、この画面から流動性提供に移ることもできます。

Add liquidity nowのリンクを飛べば、先ほどのプールの画面に移動します。

 

③vBSWAPがもらえる

 

LPトークンをstakeすると、vBSWAPというトークンがもらえるようになります。

(ちなみに、PancakeSwapではCAKEがもらえていましたね)

このトークンを他の通貨に交換することももちろんできます。

 

vBSWAPについて公式の説明を見ると、BSCでValueDeFiを使ってくれた人へのインセンティブだと書いています。

vBSWAPは厳密にはガバナンストークンではないようです。

vBSWAP is Binance Smart Chain token used as incentive for Value DeFi BSC ecosystem users.
https://docs.valuedefi.io/vBSWAP

 

イーサリアム版でValueDeFiを使うとgvVALUEというガバナンストークンがもらえるのですが、これは明確に投票権があると説明があります。

It also allows vGovernance stakers to vote on all relevant matters related to Value DeFi protocol.
https://docs.valuedefi.io/gvvalue

 

 

vBSWAPの時価は、Home画面に「vBSWAP price」として表示されています。

この記事を書いている今(2021年2月)では、13500ドルくらいですね。

 

vBSWAPを運用する

 

PancakeSwapとちがい、もらったトークンを単品でプールして複利で増やすことはできなさそうです。

現状では、運用するのであれば、他の通貨とペアにして更に流動性提供するのがいいかと思います。

 

さきほどスクショにも写っていましたが、vBSWAP/BNBペアとかであれば年利で6000%オーバーです。

そのうち落ちるとは思いますが…。

その分リスクはありますが、挑戦してみる価値はありそうですね。

 

vSafeで自動複利運用

vSafeとは

 

ValueDeFiのvSafe機能がアンロックされました。

vSafeは、自動的に複利で運用してくれるファーミング機能です。

やっている内容は、DeFi版の投資信託ですね。

 

やるメリットとしては、harvestして、LPして、stakeして、という一連の動作をする必要がなくなります。

今のところ通貨ペアは限定されていますが、便利な機能になりそうです。

 

APYがバグのように高い

 

これは2021年2月27日の午前中の情報ですが、vBSWAP/BUSDペアの自動運用のAPYが200万%を超えています。

200%じゃなくて、2000000%です。

 

複利ってすごい

 

実際にDaily APRから365日分の計算をすると、それくらいの数字になります。

vPoolでも自分で毎日操作すれば同じくらいの年利になると思いますが、面倒ですよね。

 

vBSWAP/BNBのvSafeもすぐに開放予定(:既に開放済みです)

 

公式Twitterによると、vBSWAP/BNBペアももうすぐ開放されるようです。

 

 

私はこのペアを使っているので、vSafeで使えるようになると嬉しいですね。

 

vBSWAP/BNBのvSafeが開放されました(2021.2.27追記)

 

さっそくvBSWAP/BNBの通貨ペアがvSafeに追加されていることを確認しました。

公式Twitterでも発表されています。

 

 

気になるAPYは…なんと∞。

Daily APRで11.2%もあるので、複利にするとめちゃくちゃな数字ですね。

まぁそのまま放置しているだけでも4000%を超える年利なので、それを複利で増やすとなると納得です。

 

私もさっそく資金の一部をvSafeに移しています。

私の場合、他の通貨ペアのファーミングでもらったvBSWAPを更にLPして増やしているので、別に作業が減るわけではないのですが。

今後通貨ペアを引き上げたりしたときには便利な機能ですね。

 

cakeで具体的に説明しています

 

実際にvSafeを利用する方法や、複利で増える仕組みなどについては、こちらの記事で紹介しています。

cakeを実際にvSafeで運用しています。

 

BSCでValue DeFiを始めるためには、Binanceの口座が必要

 

DeFiを始めるためには、Binanceの口座が必要不可欠です。

Binanceは海外の取引所ですが、日本語に対応しているので誰でも問題なく使うことができます。

 

ただし詐欺なども多いため、必ず信頼できるリンクから登録して下さい。

こちらのリンクから登録していただければ、取引手数料の10%が割引されるようになります

 

\ サクっと口座開設する /

 

一緒にBSCでDeFiを始めて、経済的自由に一歩近づきませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました