【エアドロップも】Venusから新たに発行されるVRTトークンとは

仮想通貨

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

Binance Smart Chainの基軸と言ってもいいVenus Protocolが、新しくVRTというトークンを発行するようです。

これまでのXVSトークンのポジションは今後、VRTトークンに置き換えられていく予定です。

 

また、5月の中旬以降に、VRTトークンがairdrop(エアドロップ)として配布されます

所有しているXVSトークンの量に応じてエアドロップを受け取ることができます。

 

この記事では公式の発表ソースを示しながら、日本語で内容を紹介しています。

Venus公式の発表

Whitepaperによる発表

 

Venusは、Whitepaperという形でVRTトークンについて公式発表しています。(pdfファイルです)

 

Venus Reward Token (VRT) will be a fair launch token with an initial airdrop followed by a mining distribution exclusively on Binance Smart Chain.

VRT(;Venus Reward Token)は、まずエアドロップで配布されたあと、徐々に流通していくようですね。

 

The purpose of VRT is to substitute the current reward mechanism designed on Venus Protocol where XVS is currently solely distributed. VRT will not only have direct utility on the platform, but it is going to eventually replace a majority of the reward distribution mechanism on Venus while in tandem reducing the emissions and inflation rate of the protocol’s governance token: XVS.

 

これまでVenusが発行してきたXVSというトークンの役割は、徐々にVRTに置き換えられていく予定です。

なお、XVSはというと、本来のガバナンストークンとしての立ち位置をキープします。

 

ブログも参考に

 

VenusからはブログでもVRTトークンについて発表されています。

 

The goal is to gradually lower XVS inflation rate and also include burning XVS throughout this process. Since XVS is the Governance token that controls the entire protocol, our goal is to make the total supply lower over time to make Governance more secure.

 

XVSをガバナンストークン、VRTをリワードトークンとすることで、XVSの流通量をコントロールすることが目的のようですね。

 

VRTのairdrop(エアドロップ)について

1XVSにつき、1000VRTが配布される

The only initial distribution will be an airdrop to thosealready holding XVS.

The Venus Reward Token (VRT) will be distributed to users at a ratio of 1,000 VRT to 1 XVS held upon the initial snapshot of a specific block number on Binance Smart Chain. This also includes XVS held in Venus Protocol, which makes vXVS holders eligible as well.

 

Whitepaperによると、1XVSにつき1000VRTがエアドロップとして配布されます。

なお、Venus ProtocolにXVSを預けていても、その証であるvXVSがウォレットに入っていれば問題ないようです。

 

vXVSはMetamaskで初期表示されていないので、カスタムトークンなどで追加して確認してください。

 

公式Twitter

 

Twitterには、より詳細の日時が書かれていました。

Venus token holders, including $vXVS, will receive the $VRT airdrop exclusively on Binance Smart Chain on May 15th at block number 7479562. $XVS This includes the VENUS NFT per 10 $XVS held included for free with this airdrop.

 

このツイートによると、5月15日の時点でのXVSの保持者にエアドロップが行われるようですね。

 

なお10XVS以上持っていたら、さらにNFTの配布もあるようです。

一応は記念品ということですが、今後どのような価値が出るかはわかりません。

 

公式ブログ

 

先ほど紹介した公式記事でもエアドロップについて言及されていました。

Venus token holders, including vXVS, will receive an airdrop exclusively on Binance Smart Chain on May 15th at block number 7479562. This airdrop will also be sent to exchange addresses, and they will announce their support plans, if any, directly. We are already coordinating with Binance.com to handle this distribution.

The ratio of the airdrop will be 1,000 VRT to 1 XVS. This will also apply to the net amount of XVS you have supplied to the Venus Protocol and hold vXVS.

 

内容はこれまでに紹介したものとほとんど同じです。

 

なお、トークンの配布は、5月17日〜5月24日の間に行われるようですね。

0.01XVSの所有でも、もらえる対象になるっぽいです。

0.01XVSなら、10VRTということになりますね。

Minimum of 0.01 XVS is required to be eligible
Snapshot: May 15, 2021 at Block number 7479562
Begin distribution: May 17, 2021
Finalize distribution: May 24, 2021

 

NFT配布についても同様に述べられていました。

We will be airdropping 1 VENUS NFT per 10 XVS owned (includes net XVS held as vXVS). This will not be sent to exchanges, but rather all non-exchange wallets. This limited edition NFT is a commemoration of the Venus Protocol for all circulating supply XVS holders and will never be re-minted again. This will have the same snapshot block number as the VRT.

 

VRTの4つの使いみち

 

Venus公式によると、今後VRTは4つの役割を担っていく予定です。

Reward(報酬)、Fee(手数料)、Collateral(担保)、Gamification(ゲーミフィケーション)の4つです。

 

Venus Protocol users will earn VRT as a reward for either borrowing, supplying or staking supported digital assets. The current mechanism of distribution will follow the same practice for VRT.

資産を借りたり預けたりしたときにもらえるリワードトークンはこれまではXVSでした。

今後はこれがVRTに置き換わります。

 

VRT can be exclusively used towards Venus Fees. Venus Fees are protocol based fees that the
users pay which are accumulated to the decentralized treasury contract.(中略)This way users can pay their withdrawal fee in VRT as opposed to the base asset.

また、Venusの引き出し手数料としてVRTが使えるようになるようです。

 

This means users will be able to supply VRT and receive vVRT on the protocol which they can earn a yield curve based APY and borrow against their VRT.

VRTの流通が十分に大きくなってきたら、これまでの通貨と同様に、他の通貨を借りるための担保として預けることもできるようになります。

その際はもちろん、Supply APYとして預け入れ利息を受け取ることができます。

 

VRT will be the exclusive digital asset to purchase VENUS Collection NFTs. If users want to buy one of these VENUS based NFTs, they will only be able to purchase them with VRT.

さらに、VRTを使って、Venusが今後販売するVENUS NFTを購入することができるようになります。

 

XVSはどうなる?

 

XVSの今後の展望についても、Whitepaperで述べられていました。

 

With the launch of VRT, the native currency on Venus which is XVS, will become the Governance token for the protocol and will have reduced emissions on the protocol, while VRT becomes the reward token of the protocol.

VRT will be able to be used towards fees on the protocol, collateral on the money market, and the exclusive digital asset for Venus based gamification. XVS will continue to be the protocol’s sole Governance token which controls, as of today, over $15 billion in value on the platform. VRT will be distributed to those users giving this value to Venus.

 

VRTが報酬や手数料としての役割を引き継ぐ一方、XVSはガバナンストークンとしての役割を果たします

 

Venusがどのように運用されるのかの投票権として、XVSは存続するということですね。

 

もちろん市場価格がどのように今後変動するのかはわかりません。

これからのXVSとVRTの値動きには注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました