【画像で解説】BinanceからMetamaskにBTCとBNBを送金するやり方【BTCBトークン】

仮想通貨

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

仮想通貨のDeFiで資産運用しようとしたとき、一番難しいと感じるのが送金ではないでしょうか

 

Binanceの口座から、オンライン上の財布Metamaskに送金するのを失敗すると、資産が一瞬でどこかへ消えてしまいます。

そしてその資産は誰も保証してくれません。

なので、送金は一番緊張する瞬間の1つです。

 

この記事では、BinanceからMetamaskへの送金を写真付きで解説していきます。

 

注意深く操作するように心がければ、実は何も難しいことはありません。

ビットコインとBNBの2つの通貨を例に紹介しているので、参考にしてみてください。

 

なお、イーサリアム(ETH)をMetamaskに送る場合については、別の記事で解説しています。
(参考記事:【画像で解説】Binance Smart Chain(BSC)にETH(イーサリアム)を送金する方法

 

なお今回は、Binance Smart ChainでのDeFi運用を想定しています。

他のネットワークの場合は操作が変わるので、別のブログを参考にしてください。

 

Binanceの口座をまだ作っていない人は、こちらのリンクからサクッと作ってしまいましょう。

手数料が10%OFFになります。

\ サクっと口座開設する /

 

ビットコインをBSCのMetamaskに送金する

注意点は2つ

 

ビットコインをMetamaskに送金するとき、注意すべきことは大きく2つに分かれます。

 

・MetamaskのアドレスがBSC用のものになっているか
・Binanceでの送金指定先が、BSCになっているか

 

Metamaskは、今回使っていくBinance Smart Chain(以下BSC)以外のネットワークでも使われるウォレットです。

なので、BSC以外のネットワークのアドレスになっていないか注意します。

 

また、BinanceはBSC以外にも様々なネットワークに送金ができるようになっています。

これも、BSCが送金先に指定されていなければいけません

 

無理やり例えるなら、荷物の送り先として、

「送り先の国が間違ってないか」
「受け取る住所が間違ってないか」

の両方を確認する必要があるということです。

 

アメリカの世田谷区に、みたいなトンチンカンな指示をしてしまうと、荷物は世界で迷子になって行方不明になります。

それでは、順に説明していきます。

 

MetamaskをBSC用の設定に切り替える

 

DeFiで資産運用していくためには、まずオンライン上の財布であるMetamaskを用意する必要があります。

 

ChromeやFirefoxの拡張機能としてダウンロードすることになります。

まだセットアップできていない人はこちらのリンクから

MetaMask
A crypto wallet & gateway to blockchain apps

 

さて、Metamaskは初期設定ではBinance Smart Chainで使えるようになっていません

BSC用のカスタムをする必要があります。

 

Ethereumメインネットとかかれている部分を選択し、カスタムRPCを選択します。

 

その画面右側に、次の情報を入力して、BSCの財布を作りましょう。

 

 

上から順にこんな感じです。

Network Name:Binance Smart Chain
New RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org
Chain ID:56
Symbol:BNB
Block Explorer URL:https://bscscan.com

 

これでBSCが追加されたら、MetamaskがBSCの画面になっていることを確認します。

 

アドレスは0xから始まる文字列になっていますか?

これで、Metamaskの正しい住所が用意できました。

 

BTCBトークンをMetamaskに追加する(カスタムトークン)

 

これからビットコイン(BTC)をBSCネットワークで扱っていくことになります。

 

BTCは、BSCに送金した時点で、BTCBという別のトークンとして表示されます

BCTBはBTCと事実上同じものです。

 

ただ、BSCで取り扱えるようにするために、便宜上BTCBというものに置き換えられています。

これはまたBinanceなどの口座に戻したとき、ちゃんとビットコインに戻るので安心してください。

 

BTCBの価値は、BTCと連動しています。

なので、BTCが値上がりすると、ちゃんとBTCBも値上がりします。

 

さて、そんなBTCBですが、Metamaskの初期設定のままでは表示されないようになっています。

BSC用のMetamaskの画面にいき、下の方にいくと「カスタムトークンを追加」するボタンがあるのでそこから追加します。

 

①Metamaskの一番下にある「トークンを追加」を選ぶ
②BSCscanのサイトで、トークンのアドレスをコピーする
③カスタムトークンを選び、Contract addressにアドレスをペーストする
④「次へ」「トークンを追加」と順番に進む

 

まずはトークンを追加を選ぶと、次のような画面に移動します。

 

このToken Contract Addressを入力したら、画面を進んで追加するだけですね。

 

BTCBのアドレスについては、こちらで入手することができます。

 

上のリンクから、Contract:の先にある文字列をコピペするだけです。

 

それ以外の項目は、Addressを入力した時点で勝手に増えてくれると思います。

 

この設定をしていないと、MetamaskでBTCBの残高を確認することができません。

確認できないだけでデータとしてはちゃんと存在するのですが、やっぱり見えないと不安ですよね。

欠かさず設定しておきましょう。

 

BinanceからMetamaskに送金する

 

さて、やっと本題のBinanceからMetamaskへ出金です。

 

まずはBinanceのウォレットメニューから

「フィアットと現物」→「出金」→「仮想通貨」と進んでいきます。

 

 

 

 

通貨がビットコインであることを確認してください。

 

 

次に、Metamaskのアドレスをコピペして、画面右にあるアドレス欄に貼り付けます。

 

この際、下のネットワーク選択が「バイナンススマートチェーン」であることを確認します

下に小さくBEP20(BSC)と書かれているやつです。

 

あとは、送金したい金額を入力して、「提出」するだけです。

 

きちんとアドレスの指定さえ出来ていれば、大して難しい作業ではありません。

 

送金はネットワークの承認を受けて実行されるので、Metamaskに残高が反映されるまで少しだけ時間がかかります

その間に、BNBの送金を済ましてしまいましょう。

 

BNB(バイナンスコイン)をBSCのMetamaskに送金する

基本操作・注意点はビットコインの送金と一緒

 

さて、ビットコインと一緒に、BNBの残高もMetamaskに送ってしまいましょう。

 

ビットコインの送金ができた人なら、BNBもかんたんに送金できます。

少しだけ画面が違うだけです。

 

Metamaskの設定が BSCになっていることを確認する

 

まず、Metamaskの設定がBinance Smart Chain(BSC)になっていることを確認してください

さっきビットコインを送ったばかりの人であれば心配ありません。

 

送金先のアドレスは何回でも確認しておきましょう。

ここを間違えると、自分の資産はどこかへ消えてしまいます…。

 

BinanceからMetamaskに送金する

 

準備ができたら、BinanceからMetamaskにさっそく送金しましょう。

 

「ウォレット」→「フィアットと現物」→「出金」→「仮想通貨」と移動します。

今回送金したいのはBNBなので、ビットコインからBNBに切り替えます。

 

 

BNBが送金できる先のネットワークには、BNBとBSCがあります。

ここで間違えてBNBを選ばないでくださいね。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)を確実に選んでください

そして、Metamaskのアドレスをコピペします。

ビットコインを送ったときと同じアドレスで大丈夫です。

 

あとは提出して終わりです、かんたんですね。

Metamaskの設定さえ最初にちゃんとしていれば、それほど難しいことはありません。

0.1BNB以下の出金はできないことに注意してください。

 

ようこそBinance Smart Chainへ

 

BinanceからMetamaskへの送金が終わったら、これからはBSCでの操作がメインになってきます。

 

DeFiで資産運用していくための準備が整いましたね。

おめでとうございます。

 

BSCのDeFiでの運用については、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました