『思考の整理学』の内容を知らない大学生は人生で損している

オススメ書籍

頭の中のカクテルを作るには、自分自身がどのくらい独創的であるかはさして問題ではない。もっている知識をいかなる組み合わせで、どういう順序に並べるかが緊要事となるのである。
思考の整理学

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

このブログは書評ブログではありませんが、Lifehackの一環として本を紹介しようと思います。

今回紹介する本は、タイトルにある通り「思考」に関するものです。

 

ユビキタスキャプチャー、マインドマップ、ブレーンストーミングなど、アイデア法は様々なものがあります。

しかし、生まれたアイデアを長期的にどうしていくのかに関するLifehackは少ないです。

そんな中、行動ではなく思考回路を学べる数少ないLifehackが、今回紹介する本、『思考の整理学』です。

 

読めば、頭の中が変わります。

そして、インプットとアウトプットの概念が変わります。

内容をしっかり読み込んで、自分の中にインストールされれば、間違いなく大きな財産になると断言します。

スポンサーリンク

『思考の整理学』について

  • タイトル:思考の整理学
  • 作者:外山滋比古
  • 出版社:筑摩書房
  • 出版年度:1986年(内容は1983年に書かれたもの)
  • 購入年度:2013年頃に購入、以来愛読書
  • 備考:大学の生協などでよく平積みされています

 

『思考の整理学』の感想

昭和後期の本なのに、今でも役立つ

この本が文庫本として出版されたのが1986年ということが信じられないくらい、現代でも役に立つことが書かれています。

初めて書かれてから35年経っているわけですが、それでも未だに売られていることには理由があるのです。

 

学校の最優等生が、かならずしも社会で成功するのは限らないのも、グライダー能力にすぐれていても、本当の飛翔ができるのではない証拠になる。
思考の整理学

この文を初めて読んだときは衝撃でした。

 

30年以上前から、学校教育と社会のズレについて指摘されているということですよね。

今読んでも全く違和感を感じないあたり、さすが。

本流としては何も変わってないということです。

 

つまり、この本は、物事の本質を捉えるのが上手なのです。

 

頭の使い方、を『思考の整理学』で学ぶ

問題の解き方という答えについては、学校や塾で散々教えられます。

ただ、考え方・頭の使い方を教えている先生がいるかは疑問です。

 

生徒としても、公式や解法などの答えを求めます。

それが勉強だ、と染み付いているのでしょう。

 

しかし、本来「学び」とは、答えを知ることではありません。

「答えの出し方」を知ることこそが、本当に重要なことです。

 

『思考の整理学』を読めば、学びの本質に触れることが出来ます。

 

筆者の思考が整理されていることがよくわかる

筆者の思考がまとまっていなかったら全然説得力がありません。

しかし『思考の整理学』の筆者は、そんなことを微塵も感じさせません。

 

メッセージとして伝えたいことを、隠喩(例え)を用いて上手く文章にしています。

 

一度登場した隠喩は、話を膨らませるために、度々登場します。

全体の構成として、最も分かりやすい順番(文章力)で書かれていると思います。

 

この文章を書ける脳みそをコピーできる本だと思えば、100冊の本よりも有用です。

 

Ⅱ章がヤバすぎて感想を言語化できない

テーマはひとつでは多すぎる。すくなくとも、二つ、できれば、三つもって、スタートしてほしい。
思考の整理学

 

Ⅱ章では「答え」ではなく「思考回路」について、例を交えながら少し抽象的に書かれています。

自分に当てはめて解釈していくことで、頭の使い方について深く理解ができます。

 

私はたまに、この章だけピックアップして読み返しています。

ブログ記事としては失格かもしれませんが、言葉に表すことが出来ないので、ぜひ自分の目で読んでください。

 

もちろん他の章もヤバイです。(語彙力を失う程度に)

次の文はⅢ章からの抜粋です。

「思考の整理」とは一体何か、この一文に詰まっています。

『思考の整理学』を読み終わるころには、この一節の意味が100%わかるようになっています。

 

思考の整理というのは、低次の思考を、抽象のハシゴを登って、メタ化して行くことにほかならない。…中略…一次から二次、二次から三次へと思考を整理して行くには、時間がかかる。寝かせて、化学的変化の起こるのを待つ。そして、化合したものが、それ以前の思考に対して、メタ思考となる。
思考の整理学

 

『思考の整理学』を読むたびに、新しい発見がある

この本を読んでから月日が経ち、再度読み返してみると、最初に読んだときには理解できなかった部分が分かるようになってきます。

すぐに読み返すよりは、時間を空けて寝かせた方が良さそうです。

 

そのときそのときに分かる部分だけ、出来そうなことだけ、自分の中に定着するまで実践していく、

そして改めて読んでみる、

ということを私は繰り返しています。

 

そうして、5年以上もの間、『思考の整理学』は私に学びを与え続けてくれています。

 

スポンサーリンク

『思考の整理学』の時代背景はアナログすぎる

書かれた年(1983年)を考えると当然なのですが、登場するものがアナログに偏っています

35年も経った現代では、考え方は変わっていなくとも、使うべきツールは進化しています。

なので、感想としては「やっぱり少し古い」

 

ひたすら紙のノートしか使っていないような内容なのですが、Evernoteなどデジタルなノートも活用したいところです。

アナログノートとデジタルメモ帳の使い分けと活用方法【デジアナ】
どうも、PEN(@PENwitmi)です。私はメモ帳やノートなどの文房具が大好きで、普段から手帳やメモ帳などを3種類使い分けています。それらのアナログ媒体だけでなく、私は更にデジタルのメモ帳も使っています。各々に異な...

 

思考の整理方法が、文章を書くときに役立つ

この本を読んで頭を整理することで、アウトプットが上手になりました。

ブログや卒論、ES、塾の授業など、様々なアウトプットに応用が可能です。

文章力を鍛えるためのアウトプット思考整理術
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。突然ですが皆さん、アウトプットを上手く使いこなしていますか?インプットよりもアウトプットが大切とはよく言いますが、どのように行うかはおろか、...

 

まとめ

行動ばかり猿真似するよりも思考回路を学ぶ方が、自分で応用することも可能です。

この本では、自分の軸となる頭の使い方が学べます。

 

私はこの本を読んで、インプットとアウトプットの概念が変わりました。

論文を書いたり、何か文章を書くことがある全ての人類にオススメです。