【画像で解説】Binanceにビットコインを送金するための入金アドレスの確認方法

仮想通貨

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

初心者が仮想通貨を運用していく上で、Binanceの口座は非常に重要な役割を果たします。

Binanceは、Binance Smart Chainというネットワークの入り口になります。

 

まずは国内の仮想通貨取引所でビットコインを買ってから、Binanceに送金して運用するというのが一般的な流れです。

 

しかし、この「Binanceにビットコインを送金する」というので、失敗してしまう人が多いです。

Binanceへの送金を失敗すると、最悪資産がどこかへ消えてしまいます。

 

今回は、そんな最悪の事態を防ぐため、Binanceへの送金を画像つきで解説します。

 

Binanceの口座を開設する

日本語にも対応している海外取引所

 

まずは、Binanceの口座を開設しましょう。

 

Binanceは、海外の仮想通貨取引所です。

日本語にも対応していて表示を切り替えることができ、安心です。

 

Binanceの口座を持っているだけで、仮想通貨でできることが大きく広がるので、絶対に作っておきましょう。

 

というか、持ってないとBinance Smart Chainを使えません。

 

無料・本人確認なし・手数料10%OFF

 

まずは、サクッと口座開設してしまいましょう。

煩雑な本人確認などはありません。

 

こちらのリンクからであれば、今後の手数料が10%OFFになります。

\ サクっと口座開設する /

 

BinanceのBTCアドレスを確認する

ビットコインを受け取る専用のアドレス

 

Binanceの口座には、入金専用のBTCアドレスがあります。

 

このアドレス以外に間違ってビットコインを送金すると、ビットコインはどこかへ消えてしまいます。

このアドレスをまず正しく設定しましょう。

 

BTCアドレスの確認方法

 

まずBinanceを開き、右上のメニューから「ウォレット」を選択します。

その中にある「フィアットと現物」に進んでください。

 

 

画面が切り替わったら、「入金」を選びます。

 

 

「仮想通貨」と「法定通貨」があるので、「仮想通貨」を選ぶと入金専用の画面に移動します。

 

 

多分、最初からビットコイン(BTC)が選択されていると思います。

ここまで来たら、実はもうアドレスは表示されています。

 

右側に注目してください。

 

 

この部分で、BTCが選択されていることを確認できたら、下にあるアドレスが入金用のアドレスです。

ここで間違って、BEP20とかを選択していると、ビットコインが消失します。

 

また、このアドレスには、ビットコインしか送金することができません

他の通貨の場合には、きちんと通貨を選択してアドレスを変更してください。

 

国内取引所は、その取引所によって操作が違う

 

Binanceへの送金は、先ほどのアドレスを国内取引所に入力して完了します。

 

この部分も解説できたらいいのですが、国内取引所によって操作方法が違うので、残念ながら難しいです。

ただし、国内取引所の操作はそれほど難しくないことが多いので、それほど心配はいらないはずです。

 

Binanceのアドレス指定さえ間違えなければ、問題なく送金できます。

送金完了までは、手数料によっては1日ほどかかることもあるので、気長に待ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました