PancakeSwapにAuto Cake Syrup Poolが実装されました【BSC DeFi実践】

仮想通貨
奨学金のkindle本を出版しました
『奨学金1512万でも破産せず幸せに生きています。』という本を書きました。 Amazonのkindleで購入することができます。スマホやタブレットでも読めるのでぜひ一度ご覧ください。

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

PancakeSwapを定期巡回していたら、Auto CAKE Syrup Poolが実装されていました。

つまり、自動で複利運用してくれるようになりました。

 

従来のCAKE Syrup Poolでは、定期的にアクセスしてCompoundボタンを押す必要がありました。

今はManual CAKE Poolと、Auto CAKE Poolのどちらかを選ぶことができるようになっています。

 

きちんと運営サイドから英語で説明されていたので、一部抜粋して解説します。

 

Auto CAKE Syrup Poolとは

 

これまでのPancakeSwapでは、CAKEをPoolにあずけてCompoundすることで複利運用していました。

その従来の手動(Manual)Poolに加え、自動で複利運用されるAuto Poolが追加されています。

 

 

手動のPoolからはCompoundボタンがなくなったので、harvest→stakeを自分でする必要があります。

 

Autoを使えよ、という圧力を感じますね…。

 

Auto CAKE Syrup Poolのメリット・デメリット

 

公式から、Auto CAKE Syrup Poolについてきちんと説明されています。

参考リンク:https://docs.pancakeswap.finance/products/syrup-pool/auto-compounding

 

メリットとデメリットが英語で書かれているので、重要な部分を抜粋して解説します。

 

サイトに定期的にアクセスする必要がない

 

自動複利なので、当然ですが、自分でCompoundボタンを押したりする必要がありません

 

従来であれば、CakeCalで計算した時間ごとにPancakeSwapに定期アクセスし、Compoundし、という操作が必要でした。

 

気にならない人も多いかもしれませんが、ずっと続けるとなると面倒な作業ではありました。

忘れてしまうことも頻繁にありましたが、そういったしがらみから解放されます。

 

逆に、サイトにアクセスしてCAKEがどれだけ増えたかを確認し、Compoundボタンを押すことが楽しみだった人からすると、余計な機能かもしれません。

 

Compoundごとのトランザクション手数料がかからない

 

これまでの手動CAKE Syrupでは、CompoundするたびにBNBの手数料が発生していました。

 

自動複利の場合は、自分で操作する必要がないため、BNB手数料がかかりません

 

最近はどんどんBNBが値上がりしていたので、手数料を無視できなくなってきています。

地味ですが、大きなメリットになりえます。

 

ただし後述する複利運用の手数料との損得天秤になります。

 

3日間は引き出すのに手数料がかかる

Unstaking fee
・0.1%
 if you unstake (withdraw) within 72 hours.
・Only applies within 3 days of manually staking.
・After 3 days, you can unstake with no fee.
・The 3-day timer resets every time you manually stake more CAKE in the pool.
・This fee only applies to manual unstaking: it does not apply to automatic compounding.

 

Auto CAKE Poolに預けたCAKEを引き出すのに、原則手数料は必要ではありません。

しかし、預けた最初の3日間だけは、 0.1%の手数料がかかります

 

この制限時間は、新たにCAKEを追加でstakeするたびにリセットされます。

ずっと預けっぱなしで複利運用し続ける上では影響はあまりないと思います。

 

自動複利の手数料がかかる

Performance fee
・2%, subtracted automatically from each yield harvest.
・For example, if the harvest was 1 CAKE, then 0.02 CAKE would be subtracted as the performance fee.

 

Auto CAKE Syrup Poolで最も注意すべきポイントです。

 

自動複利運用では、収益の2%が手数料として引かれます。

 

BNB手数料がかからない代わりに、得られるCAKEが少し削られるということですね。

harvestされるごとに収穫量の2%がバーンされます。

 

BNB手数料と比較するためには、CakeCalなどで計算してみてください。

私は計算するとBNB手数料のほうが安い可能性があったのですが、利便性を優先しました。

 

APY表示になっていることに注意

 

これまでのManual PoolはAPR(単利)で表示されていましたが、Auto PoolではAPY(複利)で表示されています。

これまでもAPR,APYの両方が確認できていたので、これと言って影響はありません。

 

Auto CAKE Bounty

Auto CAKE Bounty: 0.05% of all Auto CAKE pool users’ pending yield
・This bounty is given as a reward for providing a service to other users.
・Whenever you successfully claim the bounty, you’re also helping out by activating the Auto CAKE Pool’s compounding function for everyone.
・Make sure the amount of CAKE you receive will be greater than the BNB fees you’ll spend to submit the blockchain transaction!

 

自動で複利運用といいますが、実際には誰かが収穫高をPoolに移すという作業をする必要があります

 

この作業をしてくれた人に対しては報酬(Bounty)が発生するようになっています。

Poolのタブで右上にBountyのClaimボタンが実装されていました。

 

 

このボタンを押すことで、Auto Poolの利用者全員分のPending Yieldの0.05%がもらえます。

 

とはいっても、BNB手数料が必要になるので、少なすぎる金額でClaimしても損するだけになる点に注意です。

(にもかかわらず、世界の誰かがすぐに押してしまっているようです)

 

私は、そもそも放置したくてAuto Poolを使うので、特に触れないことにしました。

 

さっそくAuto CAKE Poolを使ってみた

 

従来のCAKE Poolから、Auto PoolにCAKEを移行しました。

これまでのPoolからCAKEをすべて引き出して、これまでと同様にStakeするだけです。

 

 

これと言って、特別な操作は必要ありません。

Auto Poolにstakeしたあとはこんな状態になります。

 

 

赤枠でかこったところに、3日の手数料期間の残り時間が表示されています。

 

この記事を書いている間にも、このスクリーンショットよりもCAKEの量は増えていました。

無事に自動複利運用されているようです。

 

私は今後、自動複利でCAKEを運用していく予定です。

タイトルとURLをコピーしました