中退歴のあるESを通すために私がした、たった1つのこと

就活

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

私は留年、中退、再受験というトリプルコンボを履歴に持つ大学生です。

そんな私も先日、就職活動をしていました。

こんな人間の中退ESなんて通るのか、と不安でいっぱいでした。

しかし、ふたを開けると、きちんと中退ESは通っていました。

 

そして、通ったESと通らなかったESには、それぞれ特徴がありました。

この記事では、そんな私がESを書くときにした、たった1つのことについてお話します。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

中退歴なんて、関係なかった

中退歴があっても、ESは通る

私が出したESの数は、実はたったの5つほどです。

そのうち、通過したESは2つ。

 

「え、全然通ってないじゃん」

と思われるかもしれません。

 

この通過した2つは、本命のES。

残りの3つは、(言い方は悪いですが)練習台としてのESです。

 

つまり、「本命のES通過率は100%」でした。

 

手抜きのESは、落ちた

本命以外のESについては、私はほとんど時間というリソースを割くことなく、完成させていました。

自己PRも全てコピペ。

 

最初に多めの文字数で書いてみて、指定された文字数に調節する、くらいしかやっていません。

会社が何に注力していて、どこに人材を欲しがっているかなど、一切下調べをしていませんでした。

完全に就活を舐め切っています。

 

そうすると、ものの見事に全部落ちました。

 

一応、大阪大学の薬学部という学歴があったのですが、全然ダメでした。

つまり、人事は熱意の程度を、ESからきちんと感じ取っているのです。

 

「縁が無かったということで」と言われても、

「俺もそう思う」としか思えない程度の熱意では、ダメでした。

 

中退が原因の可能性もありますが、それ以前の問題だと思います。

 

志望動機が思いつかないような企業のESは落ちる

考えてみれば当たり前ですが、「こいつ、どこでもいいんだろ」と思われたらESは落ちます

 

私がESを出すかどうかの第一基準は、「志望理由がパッと1つは思いつく」でした。

ESを出したのがたった5社だったのは、多くの会社がその基準を満たさなかったからです。

 

しかし、その思いついた志望理由が、「なぜこの企業なのか」を説明できていないと、結局ESは落とされてしまいました

 

とても分かりやすいツイートと画像があったので、引用させてもらいます。

(ツイートは論文についてですが、ESにも応用できます)

 

わかりやすい例を挙げてみます。

 

例えば、教員志望の理由が「子どもが好きだから」というのは、求められていることを説明できていません

子どもがいる場所は他にもあります。

教える場は、学校以外に塾などもあります。

学校で働くにしても、教員以外の職種があります。

なぜ学校で、なぜ教員なのか、上手く説明する必要があるのです。

 

これをうまく満たせていないような薄い志望理由のESは、全て落ちました。

これが、業界研究が必要な理由です。

製薬企業はたくさんありますが、どうしてその中で一つの企業に絞ったのか、本命以外の私のESは説明できていなかったのです。

 

スポンサードリンク

本命のESを通せた理由

企業のニーズに応えるESを書いただけ

私が本命のESを書く際には、事前の調査にかなりの時間を割きました。

本命のESにかけた時間は、それ以外の5倍以上です。

 

そして、自分が感じたことをそのまま書きだしました。

 

内容は、

「貴社はこういう方針ですが、私はそれに合った思考や人格を、こんな経緯で身に付けました」

「貴社はこんなことでお困りだと思いますが、私はそれを解決できるこんな能力を、こんな経験で培ってきました」

というように、ニーズに応えただけです。

この「ニーズに応える」、について少しずつお話します。

 

業界の動向をつかんだ

まずは、その業界でどんなことが起こっているのかを調べました。

 

海外進出やM&A(吸収合併)などの業界トレンド、

業界ニュース、

そういった全体の空気感を取り入れました。

コレで差が付く。就活で製薬企業を受ける薬学生が早めにやるべき5つの情報収集
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。この記事のご覧の方は、製薬業界を志している薬学生が多いと思います。 就職活動って、情報戦ですよね。就活情報はネットやSNSでも溢れるほどあるため、何を見て何を参考にすればいいのか、わから...

 

業界の流れに対する企業の対応を、比較した

そういった空気感の中で、その企業がどんな対応をしているのか考えました。

 

東京に拠点を移すのがトレンドの中、あえて大阪。

M&Aはしない。

普通は外注するところを、全て自社。

 

というように、トレンドや空気感から外れているところがポイントです。

これを意識しながら、企業理念を読み込むと、思考回路が少しずつ見えてきます。

 

企業の対応と、募集職種から、欲しい能力をサーチした

思考回路が見えてきたら、今どんな人材を欲しがっているのか考えます。

 

私は「こんな状況を解決するために、こんな人間が欲しいだろう」という仮説を立てたら、それと自分の人間性が一致しているか考えました。

そして、この点で一致しているなと思ったことを前面に出して、自己PRや志望理由を書き上げたのです。

 

社会人や、他社の人事に、実際に見てもらった

私は自分のESやスライドを、知り合いに添削してもらいました。

たまたま、企業で人事をしている友人がいるのです。

また、日本語を客観的に読むのが得意な社会人にも読んでもらい、フィードバックをもらいました。

その結果、伝えたい内容を、正確に伝えられるようになりました。

 

本命に選択・集中を

本当に行きたいと思える企業だけに、ESを出すことをおススメします。

これはマジで。

 

何故なら、ESを大量に出すよりも、絞って一つ一つ情報を集める方が、圧倒的にパフォーマンスがいいからです。

量よりも、質です。

就活生が読書で差別化をねらう方法
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 今回は、普段から様々な本に触れていた私だからこそ気付けた、就活の差別化のための読書についてお話します。 私は大学1年生の頃から、沢山の自己啓発書やビジネス書を読んできました。ま...

 

理由はそれだけではありません。

考えてみてください。

志望理由が明確に言えないような企業に行って、幸せになれるのでしょうか。

 

なぜその会社にESを出すのか、自分で答えられるような就活をしてください。

その答えを探すために、情報収集をしてください。

就活で製薬業界を受ける薬学生が早めにやるべき5つの情報収集」では私が実際に行った細かい情報収集について、紹介しています。

 

後悔の無い就活が出来ることを、心より祈っています。

就活前にはコレを読め!就活生が読書で選ぶべきオススメ本2選
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 就活を始めるときに、何から始めて良いのかわからない人もいると思います。私もそんな一人でした。 しかし、私が他の人と違ったのは、大学に入学してから多くの本を読んでいたことです。&nb...