就活前にはコレを読め!就活生が読書で選ぶべきオススメ本2選

就活

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

就活を始めるときに、何から始めて良いのかわからない人もいると思います。

私もそんな一人でした。

 

しかし、私が他の人と違ったのは、大学に入学してから多くの本を読んでいたことです。

 

一回生の頃から、いわゆる就活本なども読んでいました。

そのため、何から始めて良いのかわからないなりに、自分の中に軸を持って行動することが出来ました。

それは、「どんな人生を歩みたいか」です。

 

今回は、就活で軸となる「自分」を見つけるために、役に立った本を紹介したいと思います。

本当はたくさん紹介したいのですが、頑張って2冊にまで絞りました。

ぜひ、自分の人生をつかんでください。

 

ビジネス本を悩んでいる人については、「就活生が読書で差別化をねらう方法」の記事がオススメです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

本田健『就職する前にしておきたい17のこと』

私が最初に読んだ就活本

まず最初にオススメするのが、本田健さんの『就職する前にしておきたい17のこと』です。

この本は、私が最初に読んだ、「就活」や「働くこと」に関する本です。

 

文庫本で、1ページ辺りの文字も少なく、しかも190ページほどしかありません。

読書に慣れた人なら、読み切るのに1時間もかからないと思います。

 

そんな薄い本ですが、人生に大きな変化を与える可能性があります。

私はこの本を読んで、「どんな風に働きたいか」を人生で初めて考えました。

 

自己啓発本を胡散臭いと思っている人もいるかと思いますが、読まずにいるのは損していると断言します

 

就活テクニック本ではなく、人生についての本

仕事をやって、幸せになれない人は、本当にその人が好きなこと、得意なことをやっていないのです。
本田健『就職する前にしておきたい17のこと』

 

この本には、就活を有利に進められる面接テクニックや、ESの書き方については全く載っていません。

その代わり、「どのように仕事をすれば、どのように仕事を選べば幸せになれるか」が載っています。

 

これからの人生に大きな影響を与える「就職」というイベントの前に、ぜひ一度読んでもらいたい本です。

何度も言いますが、薄い文庫本なので、すぐに読み終わります。

 

17のこと

この本のタイトルにもなっている「就職する前にしておきたい17のこと」をリストアップします。

気になる項目があったら、ピンとくるものがあれば、この本はあなたにオススメです。

 

私は大学1回生のときにこの本に出会って、本当にラッキーでした。

細かな内容については、ぜひ一度読んで確認してみてください。

 

1:自由人になるか、不自由人になるかを決める
2:社会のしくみを知る
3:どの業界で生きるかを決め、専門知識を蓄積する
4:一流、二流、三流のどこに行くかを決める
5:自分の天才性を意識する
6:仕事がもたらす5つの喜びを知る
7:人生を大きく変えてくれる「メンター」を探す
8:一生続く人脈をつくる
9:自分に先に投資する
10:お金と時間をどう増やすのかを考える
11:仕事とプライベートの板ばさみに注意する
12:友だちに助けてもらう
13:父親と和解する
14:まさか!に備える
15:運のコントロール法について学ぶ
16:まわり道を楽しむ
17:幸せについて考える

 

就職する前にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

本田 健 大和書房 2012-04-12
売り上げランキング : 425859

by ヨメレバ

 

 

家入インターンの申込要項

本ではなく、ただの質問

本3選!というタイトルをつけておいてですが、本以外で、どうしても紹介したいものがあります。

それは、「家入一真さんからの質問」です。

 

連続起業家で、エンジェル投資家の家入一真さんが、個人でインターンを企画した際の質問リストです。

ただの質問なのですが、得られるものは非常に大きい。

質問に答えていくだけで、自己分析が進みます。

働く前に、ぜひ一度考えてほしい内容です。

 

詳しい内容については、「」の記事で紹介しております。

是非一度目を通してみてください、ひょっとすると人生の方向性が大きく変わるかもしれません。

就活前に、家入インターンの質問を
今の人類が拒否反応を示すかもしれない、でも100年後の人類にとっては当たり前になっている可能性のある、あなたの現状の世界に対する”怒り”はなんですか。家入インターン質問 どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 7月末に、連...

 

スポンサードリンク

尾原和啓『モチベーション革命』

現代人は、何をモチベーションにして働くのか

仕事を頑張ったぶんだけ結果が出て、社会全体が成長していく時代はとうに終わりました。
尾原和啓『モチベーション革命』

 

2冊目のオススメは、尾原和啓さんの『モチベーション革命』です。

 

私はこの本がたまたまKindle Unlimited(月額読み放題サービス)の対象になっているときに読みました。

Kindle Unlimitedについてはこちらの記事で紹介しています。

Twitterのように使え。Kindle Unlimitedのオススメ活用法
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 最近私は漫画の断捨離をして、Kindle Unlimitedに登録して、とにかく書籍に関する自分なりの正解を模索中です。 Kindle Unlimitedというのは、Amazonが提供している電子書籍のサービス。な...

 

先ほど紹介した本に比べ、『モチベーション革命』は少しボリュームのある本です。

しかしその分、「現代の若者が何をモチベーションに働くのか」について細かく分析されています。

 

昔は、頑張れば頑張るほど、社会がよくなり、自分も豊かになる時代でした。

現代はどうでしょうか。

ひたすら頑張っても、自分は幸せになれないし、社会に大した影響も与えられない。

そんな仕事が多く存在するように思います。

 

社会に出てみたら、もうあらゆる業界で、あらゆることがなされており、今から何かのパイオニアにはなれそうもない。
尾原和啓『モチベーション革命』

けれど、働き方のルールだけが変わらないから、もう何かを建てる余白は残っていないのに、上の世代からは「これを持って戦え!」と、とりあえずトンカチを持たされている。そんな、とんちんかんなズレが生じています。
尾原和啓『モチベーション革命』

 

今後の仕事に対する考え方が身につく

『モチベーション革命』では、現代で起こっている様々な社会の変化が、わかりやすく説明されています。

しかも、その変化に対して、どのように働けばいいのか、提示されています。

これから社会に出る人間として、知っておいて損はないことばかりです。

 

私はこの本を読んで、「自分が何にやる気を出せるか」を真剣に考えることができました。

「何にやる気を出せるか」は、「何をして生きるか」と同じです。

「やりがい」という言葉に疑心暗鬼な方、ぜひ一度読んでみてください。

 

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

尾原 和啓 幻冬舎 2017-09-28
売り上げランキング : 3982

by ヨメレバ

 

 

さいごに

就活では、生半可な気持ちというのは、簡単に見破られてしまいます。

 

働くことを通じて、自分が一体何をしたいのか。

何をモチベーションにして働くのか。

どんな生き方をしたいのか。

 

自己分析には、「ストレングスファインダー」もオススメです。

人の34種類の資質のうち、自分の強み上位5つを教えてくれるWebテストです。

【就活生】占いや診断アプリよりも、ストレングスファインダーをおススメする理由
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 才能や強みの診断ツールとして、世界で最も有名な「ストレングスファインダー」を私も受けてみました。前々からやってみたいと思っていたのですが、「もっと早くやっておくべきだった!」と後悔...

 

空き時間に本を読めば、自分の望む未来がわかってきます。

読書を就活に最大限に活かすコツを紹介しています。

就活生が読書で差別化をねらう方法
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 今回は、普段から様々な本に触れていた私だからこそ気付けた、就活の差別化のための読書についてお話します。 私は大学1年生の頃から、沢山の自己啓発書やビジネス書を読んできました。ま...

 

次の記事では、私が就活の時にしていた情報収集をまとめています。

製薬業界以外にも役に立つので、ぜひ読んでみてください。

コレで差が付く。就活で製薬企業を受ける薬学生が早めにやるべき5つの情報収集
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。この記事のご覧の方は、製薬業界を志している薬学生が多いと思います。 就職活動って、情報戦ですよね。就活情報はネットやSNSでも溢れるほどあるため、何を見て何を参考にすればいいのか、わから...