ギター初心者には教則本よりもスコアブック(楽譜)が必要な理由

音楽

どうも、PEN(@PENwitmi)です。

 

本屋や楽器屋に行くと、おびただしい種類の教則本が置いています。

初心者ならまず入門書だろ、ということで買っていく人が多いのだと思いますが、ちょっと待ってください。

 

ギター初心者向けの教則本って、あんまり最初から最後まで読まないんですよね、結局

 

最近の本はかなり改善されていますが、読んでもよく分からないことが多いのです。

で、結局本棚の肥やしになってしまう。

 

そんなことなら、私は好きなアーティストのスコアブック(楽譜)を買うことをオススメします。

 

初心者は教則本の代わりにネットや先輩を活用しよう

教則本には、ピックの種類や持ち方、姿勢など、様々なことが載っています。

 

が、それらの情報って今どきネットで幾らでも調べられるんですよね。

 

Youtubeに行けば、初心者向けに様々な動画が投稿されています。

ぶっちゃけ本よりも動画の方が分かりやすいです。

 

機材の知識なんて本で読んでも、結局使ってみないとわからないことが多いです。

練習方法も、様々なサイトが充実しています。

一応このブログでも紹介していますし。

 

そういった情報は結局、生身の体験でしか得られないので、本で学ぶのは限界があります。

本を読むより、先輩に聞いてください。

 

楽器屋やスタジオのスタッフの方も親切な方が多いので、分からないことがあれば直接質問してみた方が身につくと思います。

教則本は、少し経験を積んでから買うと非常に有用です。

 

スコアブックから得られるもの

教則本を買うお金があるなら、好きなアーティストのスコアブックを買いましょう

 

スコアとは、曲の楽譜のことです。

有名どころのアーティストなら、アルバム単位でスコアブックとして楽譜が売られていることが多いです。

 

スコアブックを買えば、自分の好きな曲を題材に曲練習ができます。

(練習には、曲練習と、基礎練習があります。詳しくはこちらの記事で)

 

ギター初心者が上達するために取り入れるべき2つの練習
ギター初心者がやるべき練習方法について解説しています。ギターの練習には基礎練習と曲練習があり、それらを上手く組み合わせれば上達に繋がりやすいです。それぞれのメリットとデメリットを理解して練習しましょう。

 

正確に数えてないですが、私は家に多分30冊くらいスコアブックがあります。

 

モチベーションが上がる

好きなアーティストの曲が弾けるというのは、それはそれは楽しいです。

時間を忘れて没頭することもしょっちゅうあります。

 

練習時間が伸びるほどギターは上達しますから、スコアブックを買えば上達します

(ステマっぽいですが)

 

弾ける曲のレパートリーがどんどん広がる

1冊のスコアブックには何曲も楽譜が載っているので、いろんな曲を練習することが出来ます。

最初は特に弾ける曲数が増えてくると、とても楽しいですよ。

 

手グセが身に付く

一つのアーティストを集中的に練習すると、そのアーティストがよく使う手グセというものが身に付いてきます。

 

この手グセこそ、ギター上達の肝です。

無意識にでも弾けるようなフレーズが増えてくると、ギターはどんどん上達します。

 

表現力がつく

よく聴く好きなアーティストを練習していると、楽譜通りになぞってもあまりソレっぽさが出ないことがあります。

 

これは細かい表現力の差です。

 

具体的には、スライドチョーキングビブラートといったテクニックですね。

その曲の雰囲気を真似るように練習を重ねると、少しずつ細かいテクニックや表現力が身に付いてきます。

 

耳コピ力が付く

好きなアーティストだからこそ気付けると思うのですが、実際スコアと原曲に違いがあることも多いです。

 

初心者の間は難しいかもしれませんが、そういうときはスコア通りに弾かずに、自分が聴こえている音を探して弾いてみるといいでしょう。

楽譜を見ずに耳でコピーするので、これを耳コピといいます。

 

一冊のスコアブックを制覇する頃にはかなり上達している

スコアブックは表現の教科書です。

基礎練習を怠ってはいけませんが、曲の練習から様々なことを学びましょう。

 

スコアブックは間違いなくその手助けになります。

タイトルとURLをコピーしました