松屋の牛丼と同じ安さで、かんたんに名刺を作れる

Lifehack and Learning

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

最近、自分自身の名刺を作りました。

ずっと作った方がいいなと思っていたのですが、面倒そうだし、費用も掛かりそうだし、というわけで敬遠していたのです。

 

実際に作ってみたら、気が抜けるほどかんたんに名刺を作ることができました。

 

所要時間、なんとたったの30分

しかも、費用はたった360円で。

 

松屋の牛丼並盛+生卵で380円、より安い。

なんでこれまで作っていなかったのかと後悔したので、情報をシェアすることにしました。

 

迷っている人、今すぐ作りましょう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

「マヒトデザイン」が神

安い、早い、簡単

今回は、マヒトデザインさんを利用して、名刺を作りました。

 

名刺の他にも、フライヤーやはがき、スタンプカードなど、紙の印刷物なら何でも注文することが出来ます。

 

驚くべきはそのお値段。

なんと名刺100枚で、印刷代たったの100円

送料は260円なので、合計たった360円で名刺が作れます。

ちゃんと利益出してますか…?

 

ちなみに、印刷は7営業日以内なんですが。

これ、60円課金するだけで0営業日(即日発送)に変更できます。

60円の課金で168時間も時短してくれるなんて、どんなソシャゲよりも親切。

 

名刺のデザインは超かんたん

100円の場合は、白黒の片面印刷の名刺が完成します。

デザインはウェブサイト上で簡単にできて、私は初めてなのに10分で注文画面まで進んでいました。

 

 

テンプレートがたくさん用意されているので、まずはそれを選んで、

 

 

(画面はカラー名刺のデザイン)

 

①名前やメールアドレスなどを打ち込んで
②幅を微調整したら
③終わり

です。もう終わり。

 

wordファイル作るくらい簡単。

 

名刺のグレードアップも可能

モノクロで、片面印刷の場合は100円で名刺が作れます。

しかし、カラーにしたり、両面印刷にしたいこともあるでしょう。

 

もちろんそんな要望もかないます。

また、名刺の印刷用紙の質感なども上げることが出来ます。

 

どんな紙がいいか悩む人には、なんと用紙のサンプルを無料で送ってくれます。

私も頼んでみました。

本当に親切。

 

ちなみに私は、一番安い「上質紙180kg」を選びましたが、全く不満はありませんでした。

次に作るときは、ちょっと背伸びして「マットポスト紙180kg」にしようかなぁ。

 

学生なら「上質紙180kg」がオススメですね。

 

名刺が届くのが早い

私は23日の深夜に注文したのですが、24日の夕方には発送完了、25日の朝に手元に届きました。

つまり、注文してから、二回寝たら、届きました。

Amazon並の速さです。

 

もちろん、60円課金して0営業日にしてもらいました。

 

名刺の用紙について

学生なら、「上質紙180kg」がオススメ

大学生が名刺を作るのであれば、基本的には「上質紙180kg」で十分です。

企業の方と名刺交換して、自分の方がいい名刺だとちょっと気まずいですし。

そんなこと気にする人がいるのかどうか、わかりませんけどね。

 

キレイな名刺なら、「マットポスト紙180kg」がオススメ

こだわりを持って、きれいな名刺を作りたいのであれば「マットポスト紙」が個人的にすごく好きです。

「マシュマロホワイト」などもありますが、紙の質感や発色のバランス的には「マットポスト紙」の方が好き

ちなみに「180kg」「220kg」は、紙の分厚さの違いです。

しっかりとした名刺にしたければ、220kgでもいいと思います。

マットポスト紙180kgなら、モノクロ片面0営業日で、印刷代380円です。

220kgなら490円…でも上質紙の3倍の値段の価値はあると思います。

こだわりを持って作るなら、ぜひサンプルを見てから決めてください。

>>用紙サンプルの請求||格安名刺印刷のマヒトデザイン

 

補足アドバイス

デザインは一晩寝かせる

名刺のデザインを決めて、「よしこれで行こう」と思っても、翌日には「こうしておけばよかった」と思うもの。

人間ですから。

 

なので、自分の中のGOサインは、一晩待ってから出すことをおススメします。

そうじゃないと、何度も名刺を発注することになりかねません。

一度に100枚ずつ届きますから、どんどん名刺が余ることに…。

 

最初は安い紙質で

一晩待ってから、「完璧だ」と思って注文したものの、使い始めると不満が出てくるかもしれません。

「あれも載せておけばよかった」

「名前が思ったより小さい」

実際に使ってみないと、使い勝手がわかりませんからね。

 

なので、「どうせまたデザインを変更するだろう」ということで、安い紙質のもので作っておけば、後悔することはありません。

逆に、気に入ったデザインなら、次回の注文からはグレードアップするのもありです。

 

名刺入れは必須

名刺を財布に突っ込んだりしていると、間違いなく角が折れます。

そして、もらった名刺のやり場に困ることになります。

 

なので、名刺入れは一緒に買っておく方が絶対に便利です。

何でもいいので、Amazonでポチっておくと、後悔することはありません。

次のリンクの名刺入れ、1000円くらいなの、めっちゃ凄くないですか?

 

by カエレバ

 

 

by カエレバ

 

もっと早く名刺を作っておけば

私は様々な場面で、名刺交換のタイミングがあったのですが、自分の名刺が無かったためにいろんなチャンスを逃してきました。

もっと早く作っておけば、と後悔しています。

 

マヒトデザインさんなら、とても簡単に、満足のいく名刺が作れます。

是非一度、チャレンジしてみてください。