健康成分イミダゾールジペプチド?気になって効果などを調べてみた。

日常生活・豆知識

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

たまたまWeb上で「イミダペプチド」という機能性表示食品を見かけました。

あまり聞いたことがない名前だったので、

 

「なんだなんだ新しいボッタクリ商品でも出たのか

 

と思いながら調べてみました。

 

調べてみた結果、販売元の「日本予防医薬」だけでなく、サントリーやDHCなどの大手の会社も出てきました。

 

「おぉ、思ったよりちゃんとした成分なのか、イミダゾールジペプチドと思ってもう少し調べてみたので、その内容を共有します。

 

イミダゾールジペプチドとは

ジペプチド=アミノ酸二つの結合

イミダペプチドの成分は、イミダゾールジペプチドというものです。

 

ジペプチドとは、アミノ酸が二つ結合したもののこと。

イミダゾールは、有機化学で登場する化合物の構造の名前です。

 

イミダゾール構造を持った、アミノ酸二つが結合したもの、ということになります。

 

いくつか種類がある

調べてみたところ、カルノシンやアンセリンなど、結合しているものによっていくつか種類があるようです。

 

基本的には、イミダゾール環を持つヒスチジンが含まれています

結合している相手は、βアラニンが多いようです。

 

イミダゾールジペプチドの効果

機能性表示食品なので、「○○の疾患に効く」とは表記できません。

健康食品あるあるですが、医薬品のように効果を堂々と書くことが基本的に禁じられています。

 

「イミダペプチド」の商品説明には、

 

「これまで何を試しても・・・」「朝からハツラツと過ごしたい」「若々しく元気でいたい」「最近肉類をあまり食べなくなった」という方にお奨めの商品。

 

とありました。疲労回復効果が期待できるのでしょうか。

 

イミダゾールペプチドを含む商品を探してみた

最初は完全に疑って調べていたので、「どんな胡散臭い商品が出てくるんだ」と捻くれた気持ちでした。

実際には、普通に大手の会社から商品が出ていました。

 

DHCのサプリメント

まず最初に見つけたのは、DHCのサプリメントです。

もういきなり普通の成分確定ですね。

 

DHCの商品パッケージには、「ヘトヘト感から抜け出したい」とありました。

やはり疲労回復のサプリメントのようです。

 

 

サントリーの「ロコモア」

次に見つけたのが、サントリーの「ロコモア」です。

「ロコモア」という名前は、ロコモティブシンドロームが由来だと思います。

 

ロコモティブシンドロームとは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」のことです。

簡単に言うと、骨や関節が弱って歩いたり立ったりできなくなった状態で、近年健康問題として注目されています。

 

「ロコモア」は、この状態にならないように飲むサプリメントということでしょうか。

実際、筋肉成分×軟骨成分と記載して売られているので、脚への効果を期待していますね。

 

「歩行のギシギシ感」を無くすサプリメント、ということらしいです。

 

 

スポンサーリンク

日本予防医薬?

怪しい会社かと思ったら

私が最初に見かけたのはこの商品でした。

 

 

気になったので「イミダペプチド」を出している「日本予防医薬」についても。

これまた聞いたことがなかったので半信半疑で調べてみたところ、予想に反した結果が出てきました。

 

日本予防医薬は、大阪大学医学部発バイオベンチャー「総医研ホールディングス」の子会社のようです。

なんだ母校じゃないか。

 

当社は大阪大学医学部発であるバイオベンチャーとして発足した東証マザーズに上場する総医研ホールディングスの100%出資会社(資本金1億5500万円)です。
https://japanpm.com/company.html

 

研究論文は、国公立医学部の研究者

更に「イミダペプチド」のサイトを見てみると、きちんとした研究結果の論文が公開されていました。

どうやら、大阪市立大学医学部の研究のようです。

なんだ母校(※中退)じゃないか。

 

胡散臭い健康食品は、こういったエビデンスを隠したがりますよね。

 

こちらは自信があるのか、論文をリスト化してpdfデータまでアクセスできるようになっていました。

イミダゾールジペプチド論文一覧|疲労回復研究所
抗疲労として効果的な鶏胸肉抽出成分『イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)』の安全性や有用性、効果についての論文を観覧いただけます。各論文はPDF形式で観覧頂けますので、ご参考ください。

 

ちゃんとした論文と臨床研究

論文をちらりと流し見してみましたが、きちんとした医学論文のようです。

 

また、臨床試験も「ランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験」という、医薬品の承認申請と同じような方法を取っています。

なんだか疑って申し訳なくなるレベルで…。

 

気になる効果については、ペダル漕ぎ(運動)の成績の数値と、VASスケール(主観的な疲労感)の成績で有意差があるとのこと。

 

論文の結論を引用しておきます。

CBEX-Dr 配合飲料は 4 週間摂取後の4 時間身体作業負荷の条件下において,身体的パフォーマンスの低下抑制作用および疲労感上昇の低減作用がみられ,抗疲労効果が示された。その作用機序は本飲料に含まれるイミダゾールジペプチドがもつ抗酸化作用によるものであると推測しうる。CBEX-Dr 配合飲料は肉体的疲労を感じる人に適した食品であると考えられた。
CBEX-Dr配合飲料の健常者における抗疲労効果 薬理と治療 / 36(3): 199-212, 2008

 

気になるお値段は?

さて、「イミダペプチド」の値段を調べてみたところ、Amazonで4200円でした。

 

84カプセル入りで、一日4カプセルなので、21日分です。

ということは、一日200円…苦学生にはちょっと厳しい。

 

値段としてはプロテインと同じくらいなので、超ボッタクリ商品などではなさそうです。

(疑ってゴメンなさい)

 

まとめ

「イミダペプチド」は肉体的疲労を感じる人に適した食品です。

サプリの出所や、論文の内容など、想像以上にしっかりしたものでした。

 

値段は一日あたり200円なので、金銭的に余裕がある人にはアリなのかもしれません。

 

 

コレは必携。一人暮らし男大学生のQOL底上げマストアイテム5選
一人暮らし歴8年の大学生男が、QOLを革命的に上げたものを独自のレパートリーで紹介します。普段の生活はもちろん、大災害でも安心できるような生活をしませんか?
やっぱりアレが重要。30日プランクチャレンジの結果5kg痩せた方法
30日間でおなか周りがスッキリするという噂のトレーニング、30日プランクチャレンジ。5kg減量できた私の体重の変化、食事内容やプロテインの使い方を公開しています!
タイトルとURLをコピーしました