『チーズはどこへ消えた?』は40分で読める良書

オススメ書籍

恐怖のせいで悪いほうに考えるのだと思った。そこで、もし恐怖がなければすることをした。新しい方向に進んだのである。Spencer Johnson『チーズはどこへ消えた?』

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

『2分で読める!ビジネス名著100冊のエッセンス』で紹介されていた『チーズはどこへ消えた?』を読みました。

偶然ブックカフェに置いていたので手にとってみると、スラスラと一気に読みきってしまいました。

 

帯には「1時間で読めて10年役に立つ」というキャッチフレーズが書かれていましたが、まさにその通りの本でした。

現代を生きる全ての人に役立つ内容だと感じたので、共有したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

『チーズはどこへ消えた?』とは

80ページ弱の短い寓話

『チーズはどこへ消えた?』はとても有名な本ですが、たった40分で読めるくらい薄いです。

その分、内容に無駄がなく、凝縮されているとも言えます。

 

寓話は「2人の賢い小人と、2匹のネズミが、生きるために必要なチーズを探し求めて、それぞれが別々の行動を取った結果何が起こったのか」という内容です。

 

チーズと小人から何が学べるか

『チーズはどこへ消えた?』は、「変化とその対処」がテーマになっています。

 

ある日突然消えたチーズに対して、ネズミのスニッフとスカーリー、小人のヘムとホーが、どんな対応をするのか。

4者の行動を客観的に追いかけるうちに、「変化を恐れる気持ちの本質」を理解することができます。

 

子どもでも理解できるような簡単な話ですが、内容は非常に本質的です。

 

ビジネス書や自己啓発書に不慣れな人にこそおススメ

『チーズはどこへ消えた?』は物語形式の本なため、誰にでも読みやすい内容に仕上がっています。

 

これまであまり読書経験が無い人でも、あっという間に読んでしまえる本です。

ビジネス書や自己啓発書に抵抗がある人にこそ、おススメしたい良書です。

 

『2分で読める!ビジネス名著100冊のエッセンス』にも紹介されていました。

本を2分で読んで、効率よく情報を得る方法
どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。 読書はタメになる。 そんな当然のことは、わかりきっています。大学生になったら、読書しなさい。就活のときには、読書しなさい。社会人になったら、読書しなさい。もう聞き飽きたフレーズ...

 

変化と、その対処方法について

自分は、4者のうち誰だ?

私はこの本を読みながら、あることをずっと自問自答していました。

 

「自分は、スニッフか?スカーリーか?ヘムか?ホーか?」

 

そう考えてみると、自分には4者の全ての成分が含まれていることに気付きました。

そして、その4者の割合で、どんな行動を最終的に選んでいるのかが決まっているのだと悟りました。

 

誰しもヘムの成分がある

ヘムは、「変化をなかなか認めようとしない小人」として登場します。

 

変化を認めずに既存のものに固執し続けた結果、何故チーズが無くなってしまったのか、本当にチーズは無くなったのか、にばかり気を取られています。

考えが常に「過去」に捉われていて、前進できないのです。

 

そんな経験は、誰しもあるのではないでしょうか。

そんな、自分の中のヘムの割合を減らせるかどうかが、人生を大きく左右すると私は感じました。

 

自分にとってのチーズは何だ?

『チーズはどこへ消えた?』では、「古いチーズ」と「新しいチーズ」が登場します。

寓話の中では、大切なものとして「チーズ」が描かれています。

 

目の前にあって安心しているけれど、実は少しずつ悪くなってきて、量も減っているチーズ。

探して見つかるかどうかは分からない、けれど自分にとって新しいかけがえのないものになる「新しいチーズ」。

 

私は、自分にとってのチーズとは何だろうかと考えながら本を読み進めました。

あなたにとっての「古いチーズ」は、一体なんでしょう。

 

「前進することを怖れない人」になりたい人にオススメ

今、自分の手元にあるものは、古いチーズではありませんか?

新しいチーズを探したい全ての人に、『チーズはどこへ消えた?』をオススメします。

 

具体的な方法論は載っていませんが、心のブレーキを外してくれる本です。

時間の無駄には絶対になりません。

何せ、40分で読めますからね。

 

チーズはどこへ消えた?

スペンサー ジョンソン 扶桑社 2000-11-27
売り上げランキング : 724

by ヨメレバ