雑貨屋ASOKOで2000円で買ったものを公開してみる

どうも、PEN(@PENwitmi)です。

先日彼女と神戸に遊びに行ったんですが、そこでASOKOという雑貨屋に出会いました。

私は全然知らなかったのですが、有名な雑貨屋なんですね。

「ASOKO行こう!」
どこ?

とかいうボケをかましました。

たかが雑貨屋さんと舐めてかかってたら、入って2分で商品を手に取り、店を出たら商品7個が手元に

すごいテンション上がって、見てるだけでも楽しかったです。

これは是非皆に紹介したいと思い、記事を書くことにしました。

いいですよ、ASOKO。

スポンサードリンク

ASOKOとは

ASOKOとは、PAL GROUPのブランドの一つです。

パルグループの他のブランドには、チャオパニックとか、who’s whoとか、3COINSとか、Kastaneとかありますね。

サプライズを楽しもう!というコンセプトのリーズナブルな雑貨屋さんです。

全国の店舗

2018年5月17日の時点では、全国に6店舗しかありません。

関東では
原宿(東京)
イクスピアリ舞浜(千葉)

関西では
南堀江(大阪)
EXPOCITY(大阪)
神戸ハーバーランドumie(兵庫)
河原町OPA(京都)

今は店舗展開にかなり偏りがあるので、遠方の方は旅行などで立ち寄ってほしいですね。

というか、大阪に2店舗もあったのか…。

関西であれば主要ポイントは網羅されてるな、って感じです。

ネット上に全商品リストもある

実際に店に行くことができなくても、商品の情報を見ることは可能です。

ただ、あの雰囲気で色んなものに囲まれながら見るのが楽しいので、やはり実店舗に足を運んでほしいですね。

全商品 | ASOKO
サプライズをたのしもう!リーズナブルでちょっと気の利いた雑貨は、 ありふれた毎日に、ちいさな感動をとどけてくれる。 自分でつくったり、手を加えていくたのしさから、 いつもとちがう、新しいふだんがはじまる。

ASOKOで買ったもの

日付のやつ(300円)

写真右側の木製のやつ。

これってなんて呼ぶんでしょう。

名前が分からなかった。

病院の受付とかにこういうの、たまにありますよね。

前からこんなの欲しいなぁと思っていたら、なんと300円

価格崩壊でしょこれ…(値札が)視界に入った瞬間即買いでした。

ところでこれ、6面しかないのに、1〜31日まで全て表現出来るんですよね。

数学を感じます。

ペン立て(400円)

先ほどの写真の自転車のやつです。

このオシャレ感のペン立てが400円で買える時代なのか…。

私、レトロ感とシック感に弱いんですよ。

(値札を)見た瞬間一目惚れですね。

蛍光ペン(50円×3)

薬学部っぽくないですか?

というか50円ってヤバくないですか?

もし200円なら買ってなかったのに、50円だからって3本も買ってしまいました。

白衣のポケットに刺していきたい見た目です。

トートバッグ(600円)

(比較:A4クリアファイル)

完全な白というよりも生成り色のトートです。

ちょっと見た目にインパクトありますけど、使ってみるとそんなに違和感無いです。

A4のクリアファイルなんかも入って、非常に便利なサイズ感です。

小さなポケットが内側にあるのも嬉しい点。

冷静に、600円で使い勝手のいいトート、という時点で“買い”です。

洗濯は出来ないということでした。

ちなみに少し紐が長いので、私は端の方で少し結び目を作って調節しています。

600円なら、何度でも買い替えられる値段ですね。

お試しに買っても全然痛くない出費。

ポーチ400円

右側の生成り色のやつ。(比較:GUのサコッシュ)

これも(値札を見て)一目惚れ。

他にも文字のパターンは色々ありました。

HELP、とか。

iPadminiも入りますし、このサイズなら何にでも使えます。

だいたいGUのサコッシュと同じくらいのサイズ感ですね。

クラッチバッグとして使うもよし、bag in bagにするも良しです。

5種7点で2000円!

こんなに楽しく買い物して、ビクビクしながらレジに向かいましたが、2000円で足りました。

本当に安い。

ASOKOは楽しくてリーズナブルな雑貨屋

なぜ今まで知らなかったのか、と思うくらいテンションが上がりました。

特にバッグ系はコスパが良い。

実はもう一つ、卓上インテリアとしてほしいものがあったのですが、今すぐ使えるわけじゃないので今回は断念しました。

これは引っ越し直後とか、自分のデスクが出来たタイミングなんかに行くと、絶対テンション上がりますよ。

皆さんも、お近くのASOKOへぜひ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク