漫画の亜人12巻は紙よりもKindleよりもeBookJapanが安い【電子書籍】

日常生活・豆知識

どうも、奨学金1500万プレイヤー阪大生のPEN(@PENwitmi)です。

 

漫画の電子書籍に移行してから、どこで漫画を買うのがいいのかを考察中です。

 

このGW明けには亜人の最新刊(12巻)を買うために、よく使っている二つのサービスを比較しました。

AmazonのKindleと、eBookJapanですね。

 

結果はタイトルに書いている通り、eBookJapanの方が安かったのですが、その詳しい内容について紹介します。

 

亜人12巻の値段比較

紙書籍で亜人12巻を買った場合

 

そもそも、漫画の単行本を紙媒体で買ったときは、Amazonの販売価格を参考にすると、637円でした。

2018年5月7日の初版なので、まだ安くなったりはしていないでしょう。

まぁ普通の値段ですね。漫画を3冊買うと2000円、という感覚です。

 

Kindleの電子書籍で亜人12巻を買った場合

 

KindleはAmazonの電子書籍サービスのことです。

紙の本と同時に多くの本がKindleでも販売されており、その多くがKindle価格として安くなっています。

発送コストがありませんから、その分割り引いてくれているのでしょう。

 

亜人12巻のKindle版の値段は540円

紙よりも97円安くなっています。

おぉ、結構違う。

 

eBookJapanの電子書籍で亜人12巻を買った場合

 

eBookJapanは、漫画に注力している電子書籍のサービスです。

kindleは様々な本を扱っているのに対して、漫画に注力している分、漫画に対するサービスは魅力的ですね。

 

さて、気になる亜人12巻の値段は、なんと500円

 

紙より、137円も安い。21%OFFってすごいな。

 

電子書籍に移行すると、場所を取らないだけじゃなくて大きな節約になるようです。

 

漫画を買うならeBookJapanの方がお得

 

先も紹介した記事で書きましたが、漫画の電子書籍移行によって、家のスペースが大きく空いてQOL上昇に貢献しました。

 

それだけではなく、輸送コストなどが削減されるためか、そもそも漫画の値段も割引されるんですね。

これはもう、電子書籍圧倒的有利じゃないですか?

 

背表紙を見られることに気遣うこともなく、電車でもどこでも読めるし、持ち歩くのも簡単で、場所を取らなくて、安い。

所有することそのものにめちゃくちゃこだわりがある人を除いて、漫画は電子書籍にしてしまうことをオススメします。

 

リンクはこちら!

タイトルとURLをコピーしました